Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

GPF男子SP終了

今度こそぐっすり寝て、後は怪我なく元気にFSを滑って来てくれますように…(-人-)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


Pさんは、ノーミス素敵でした…

と言いたいところだけど、後半ジャンプの前にライスト止まりやがった! リロードしてたら最後のジャンプ終わってた! 私のライヴPさん映像を返してくれ( ;∀;)

羽生くんは相変わらずGPFは調子いいですね~~ ここまで特定の大会と(コンディション的な意味で)相性がいい選手も珍しいんじゃないかと思います。

ジャンプはこらえた4Loと(あくまで本人比で)いつもより若干質が控えめな3Aだったりしましたが、ステップは動きにキレがあって良かったです。SPのプリンスはパリ散のドヤ感ほどのインパクトはないけど、羽生くんのプロでは男っぽいものの方が好きな自分としてはなかなか良いんじゃないかなーと。

ただここ数試合や公式練習を見る限り、クワド全般の着氷時の沈み込みが昨季より大きくなりがちに見えるので(今回の4S-3Tは綺麗でしたが)、膝への負荷が大きくなってないか気になります。

ハビは第一滑走苦手なのか… ミスがコンボじゃなかったのは何よりでした。しかし3Aまで転倒するとは思わなかったわ。FSで200点超えしても、優勝は羽生くんのミス待ちになってしまいますね。

ネイサンがノーミスしたら、他の選手の出来によってはSP首位~3位もありうると思ってたのですが、転倒無しのノーミスだったら難点くらい取れたのかなぁ。

リッポンは相変わらず素敵なプロでしたー もうちょっと点数高いかと思ったんだけど、コンボのセカンドがURだったのか。あまり3-3がURになる選手というイメージは無かったんだけど、これまでもあったのかな?

リッポンルッツはやっぱり素敵ー GOEがプラスとマイナスに分かれてるのは、ステップから直ちに…というところで意見が分かれたんだろうか。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


昌磨くんの意気込みとは裏腹に、今回は昨季より点数を伸ばせても台落ちする可能性は低くない、というのが事前予想でした。

ミスありでも300点を超える地力を持つ羽生くんやハビのほか、今季はPさんも構成を上げてますし、彼にSPとFSをまとめられたら昌磨くんはノーミスかそれに近い演技をしないとTOP3に食い込むのは難しそうだったので。

勿論4回転(やそれに伴うコンボ)の成否で20~30点変動したりするので、順位予想自体は難しいですが。

昌磨くんが4TDGの上にコンボ消滅の要素抜けという絶望的なミスをやらかした割に4位に留まれたのは、加点つきオールレベル4や、ジャンプの出来に波がある割にPCSが高値安定という形で地力が評価されているからでしょうね。それだけに、ノーミスならどれだけ…と勿体無く思ってしまうワケですが^^;

だって、半分寝ながら4Fや3A跳べるって絶対オカシイよ!(笑)

ほんとに色々と勿体無いので、ボストンワールドの時みたいな追い詰め方してないで、メンタルを上手くピーキング出来るようになりますように!

あくまで私見ですが、昌磨くんは練習の「量」に対する依存心が他の選手よりも強すぎるように思えるので(メンタルのコントロールで対処すべきところまで物理的な練習量に依存してしまってる、みたいな)、

ボストンワールド前の高橋くんのアドバイス

「練習しなくても出来る、という自信もあった方がいい」

「(そうすれば)どんな調子でも本番だけはピッタリいける」

「(そのためには)あまり練習しない試合の持って行き方というのも練習した方がいい」

を是非是非採り入れて欲しい…と切に願ってしまうのですよね。

あのアドバイス受けたとき、きっと殆どわかってなかったんじゃなかろーかと思いますが( ;∀;)

世界の頂点の戦いには「本番で決める強さ」が絶対に必要で、それは練習量の多さだけで手に入るものではないように思います。練習という土台に立った上で、更に跳躍するための踏み切り板みたいな別の何かが要るんじゃないかなと。

それを手に入れるのはとても苦しい道のりなのでしょうが、いっぱい悔しい思いをしながらも自分に合う方法を見つけてくれたら嬉しいと思ってしまうのでした。

ところで今回きっちり降りた4Fがマイナスだったのは、ステップから直ちに跳ぶというのが微妙だったってことですかね?


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード