Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

四大陸男子SP

昌磨くん、ワンハンドレッド倶楽部入会おめでとうーーー!

インサイドイーグルからの3A、最 高 で し た ( ;∀;)

着氷完璧で、流れ方も素敵。ガッツポーズみたいな感じから振付っぽく下ろしてた右手も、昌磨くん比でドヤ感もあってすごいすごい痺れた!

ほんとにいい精神状態で臨めたんだなぁと、ステップ中の笑顔見てて思いました。フィニッシュ後の天を仰ぎながら胸に手を当ててクルクル回るところ見て、こちらも胸がいっぱい。

点数よりも、昌磨くんが楽しそうに演技してるところを見れたのが何より嬉しいです。

あ~~~~~もう幸せヽ( ´∀`)ノ

ちなみにFSは4Lo投入だけではなく後半4T2本と一気に構成上げてるので、今回はファンの自分も「失敗・台落ち上等、怪我さえなけりゃ何でもいい」的な覚悟で臨んでます。

FSがどうなっても、攻めてその結果何かを掴んでくれればヨイです。今季はこのあとMAX4回戦えるんだから。

しかし時差が無い韓国でも、試合後はやっぱり電池切れになるのね^^; インタで口が回ってなかった(苦笑)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


◆ウェブスターくん、髪型も色もオデコの感じも衣装もそしてユーロ味の強いプロも、何から何まで遠目ヴォロに見える^^;

でもなかなかイケメン(・∀・)


◆ケリーくんほんと上手くなったなぁ。4Sクリーンに入ったし、正直第1グループだと浮きまくりなレベル。

とりあえず課題はFS後半だと思うから、明後日ガンバレ。SBオメ!


◆シーヒョン(で読みはいいのかな?)、本人の体型に合った素敵衣装イイ(・∀・)

スレンダー手長足長さんで所作も丁寧で悪くない。演技後の笑顔とガッツポーズめちゃ可愛かったです♪

コンボも綺麗に入ってSBオメ!


◆ジュンヒョンの髪が黒くなっていた…(ネットで「反抗期が終わったのか」とか言われてて笑ったv)

ジャンプ以外は滑りもスピンも表現も良かった。特にボディムーブメントは好み。こんなに上手かったっけ?と思ったくらい。

ジャンプが惜しいー でもSBオメ!

しかしこの髪型だと本当に誰だかわからん…^^;


◆ジンソくん、顔が大人っぽくなったなー そして相変わらずすごい猫コンボ。

抜け勿体無い~~~挨拶時の舌ペロ可愛かったけど。

コリアン男子3人はみんな可愛いなぁ。


◆ケヴィーーーン、素敵よぉぉぉ(^o^)

この明るいフィンランド民謡?のステップ、ケヴィンに似合ってていいー

しかしクワドは大体どっちか刺さるから、3Aが決まらないとやはり点数的には厳しい… 最近安定してたんだけどなぁ…クワドはURや転倒はともかくまず抜けないと思うので、FSは3A決まりますように。


◆ハンヤンは風をはらむと変な逆立ち方する髪が気になりすぎた(´・ω・`)

でもやっとハンヤンに男前でカッコいいプロが来て嬉しい。


◆刑事くん、また抜けてしまったか…でも2Sじゃなかったのが救い。切り替えてFS頑張ってー


◆マルティネスくんの首から上が北米、首から下がユーロ男子になってるΣ( ̄□ ̄lll)


◆ネイサン、本当に4Lz-3Tと4Fが鉄板過ぎてすごい。3Aもほぼミスらないし、このSPの安定感は最強レベルですね。

あの構成でオールレベル4も拍手。今回オールレベル4はネイサンと昌磨くんとPさんか。


◆ホクスタインくん、PB更新オメ! 4-3じゃなくて4-2だったのが惜しい。

折角いい演技だったのに、ネイサンの余韻であまり頭に入ってこなくてごめん、後でちゃんと見返すから!( ;∀;)


◆ブラウンはやっぱり本調子じゃないよね…

でも相変わらず美しい演技大好きです。早く回復しますように。


◆実は今日は昌磨くんより羽生くんの演技の方が緊張してたかもしれない。

羽生くんは昌磨くんの直前滑走だったから、ドキドキハラハラしてた理由が昌磨くんの出番が近づいてたから不安で落ち着かなかったのか、羽生くんが抜けないかどうかの心配だったのか、自分でもよくわからないんですよね^^;

普段は昌磨くんのことしか考えてないけど、羽生くんは情報も試合での露出も多いし以前は一番に追ってたから、何が心配材料かはある程度はわかる…ってのもあるんだろうと思います。特に今回昌磨くんに関しては冒頭で語った通り「失敗上等台落ち上等」の覚悟で見てるので、その意味ではあまり不安材料がないというのもあったし。

私は昨季終了の段階でリスフランの不安で4Tに制限かかったのが今後どう響くか、かなり気になってました。彼の場合、新しいクワドを投入すると安定に時間がかかるのは4Sでさんざん見て来たから、抜けやすいエッジ系クワド2種メインになるのは気懸かりだったんですよね。ソチ前後の2~3年間は4Sが決まらなくても後半3Aコンボ2本の破壊力もあって1位2位は狙えたから、安定までじっくり構えられて良かったと思うのですが。

あと羽生くんはフィジカルコンディションに深刻な問題抱えてても絶対後にならないとわからないから、そもそも何もない状態で臨んでるのかどうかも気になるんですよね(´・ω・`)

SPの心配材料は4Loか4Sが抜けることだったから、まぁ想定内といえば想定内でしたが… しかし2S-3Tになっても97点てすごい。この構成でこんな点取れる人他にいないと思う^^;

この先誰が100点超えしようと、クワド1本で超えられる人は出て来ないんじゃないかなぁ。マルチクワド時代でジャッジの意識も変わってるし、若手もそこまで1種を磨き上げる前に2種目行きそうだし。どんなに点数がインフレしようと1種1本を研ぎ澄ましたことの凄さは心に刻んでおきたいと思う。

抜けた4Sはわからないけど、4Loも3Aジャンプの軸が斜めってたなーという印象。3Aの方はカメラアングルのせいもあってか一瞬ヒヤっとするくらいでしたが、着氷は綺麗で流石。

最後のスピンの腕の動きは、曲の雰囲気によくマッチしてて好き(・∀・)

最近構成上げで負荷も増えてる分、ちょっとクワドが不安定になってるような。とりあえずジャンプの調子以前に体調の方がかなり気になるので、この大会で体の何かを悪化させないように願ってます;; 大事なのはワールドだし、何より来季よー

しかしプレカンでは自分に激おこ状態だったなぁ。早口になるからすごくわかりやすい^^;


◆Pさんの滑り素敵素敵素敵、唯一無二の最高峰のスケーティング。

まぁPさんもある意味通常運転という気も。。。昨季のこともあるし、FSは開き直れるだろうから頑張って下さい~

ちなみに羽生くんもPさんも昌磨くんの直前と直後だったから、頭がテンパったり余韻に浸りきったりしてて、初見時は羽生くんはジャンプの成否、Pさんはジャンプと滑りにしか集中出来ませんでした…すみませぬ;;(誰が、とかじゃなくて、単純に順番の問題)


◆ミーシャはマイナスイオン溢れる美しい演技でした… ノーミス素晴らしい。

しかし何故か私は一昨年のGPF以来、昌磨くんの直前直後の2人よりも「2人分後に滑る選手」の演技が殆ど記憶に残っていないという謎の現象が続いてるので、ミーシャも録画で見直す羽目になりました(--;)


◆ボーヤン、4Lz高あぁぁぁぁーい♪♪♪…と思ってたら着氷が…(´・ω・`)

ジャンプ決まらないと厳しいけど、それでも90点超えてくる彼もTESモンスターですねぇ。

でもスケーティングも良くなったと思うし、とても楽しくて彼に合ってる良プロで好き。

キスクラで抱えてたスパイダーマンのぬいぐるみたちが可愛い♪


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


90点台2人に100点台2人と、四大陸男子は予想通りのハイレベルな戦いになりました。

1日空くことでそれぞれのコンディションがどうなるかわからないけど、選手の皆さんのFSでの健闘を祈ります。ワールドじゃなくて四大陸だし、気負いすぎずに頑張ってー


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード