Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOI&「冬」所感~後編

他にSPで気になったのは、要素の配置。

後半にジャンプ2つ持ってくる都合上こうなったのでしょうが、曲のサビの部分がスピン2つになってますよね。スピンで魅せる自信が無いと、サビが来る前にジャンプやステップといった見せ場が終わってしまうような配置だと思いました。

この配置を知って私が思い出さずにいられなかったのは、バンクーバー五輪のランビSPです。あの時のような興奮をいつかまた再び五輪で味わってみたいと思い続けている私にとっては、もし狙い通りの演技が出来るのであればワクワクせずにはいられないレイアウトなのですよね(^q^)

そして同時に、とても難度が高くてハイリスクだなと。後半4-3でコンボのリカバリも出来ないし、冒頭のクワドに失敗したらタイミング的に最初のスピンの入りにも影響出そうです。

さんざんDOIの演技をリピった後で久々に今年の四大陸のラヴェンダー見返したところ、やっぱり今季SPは相当難度が上がってるな~と思いました。そこら辺は初見時にもわかってたのですが、改めて実感したというか…

特に後半ジャンプの部分は、あのハイテンポであのつなぎはほんと鬼だなと(;・∀・) そりゃ表現がまだこれからでもおかしくないよね…と。

ところで昌磨くんのスピンのポジションて、試合の度にちょこちょこ変わるところが何か彼の髪型みたいだな~~といつも思ってますw

いつどんなポジのスピンをやってたか細かく覚えてはいないのですが、「冬」のスピンもFaOIから色々変わってますよね。FaOIの最中にも変わったし、DOI4公演のうち私が観たのはTVも入れて3回ですが、そこでも変えてますねー

ついでに言うと、TV放映回のスピンは何か雑に荒ぶってたけど、楽公演はもっと綺麗だったと思います。あとTVの回は2番目のスピンの入りが初日に観た時と違ってたし、最初のスピンのポジションも楽公演とは違ってたような。

どんどんポジションが凝ってきて、何より何より私的にポイントが超高いのは、回転スピードが上がって来てることです!(;・∀・)(ここ一番大事!) 本番頃には是非とも是非とも、エキサイティングなスピンを拝ませて欲しい…バンクーバーの興奮再び!!!と願わずにいられません(>_<)

アップライト中に腕を上下させるところでトラベリングすることが多いので、あれがなくなるといいな~~~と思ってます。フィニッシュのところだから、特に目立つ部分だし。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

今回のDOIの注目ポイントはスケーティング!(ほんとはFS初お披露目を期待してたんですが、それはなかったのでそっちに)

FaOI終了後、テサモエ・パパシゼ・ハベドノの拠点・モントリオールに行ったと知った時はすごい嬉しかったですー! アイスダンス系のコーチに見てもらえたらいいなぁ、と思うポイント、私的には色々あったので( ;∀;)

最前列のショートサイドでは昌磨くんに限らずスケーティングに変化があったかどうかはよくわからないので(私はね)、楽公演ではそちらに注目。

実際はジャンプ壊滅の衝撃(苦笑)でいまいち集中して鑑賞出来なかったのですが、ステップの時に膝が今までより柔らかく屈伸してるなーという印象を受けました。

ただTVの映像からは現地で観た時ほどにはそういう感じは受けなかったので、それは実際の動きが違ってたのか(TV放映回は現地に行ってない)、TV映像では伝わらない部分なのかはちょっとわからず。

いま世界で勝つためには、何よりもまずジャンプの質や難度を高めること、なのは間違いありません。それ以外の部分はジャンプほどには点差がつかないのも事実なので。

昌磨くんも勝つためにはジャンプの質を上げなければならないし、私もそれが最優先だと思います。

でもそれでも、私が今昌磨くんに一番磨いて欲しいというか、磨いてくれたらどんなに素敵だろう!と切実に思うのはスケーティングなのですよねぇ。。。

今のスケーティングも十分点数的に評価されてるのはわかってますが、彼の滑りってプログラムを猛烈に反復練習した結果の副産物という印象があります。ちゃんとフットワークに特化して研鑽してたら、この2シーズンでもっと進化してたんじゃないかなーと。(ジャンプが大変過ぎてそれどころじゃなかったのは百も承知です)

なので、今ジャンプでやってる並みに足元磨いたらどれだけ…!と、ど~~~しても夢見たくなってしまうんですよねぇ^^;

腕や上体の表現も勿論レベルアップして欲しいですが、スケートである以上やはり足元の迫力は表現の説得力にも直結すると思うので。

でもスケーティングが良くなるといったんジャンプが不安定になるというから(入りの感覚とかが大分変わるのでしょうね)、ほんと難しいですよねぇ;;

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

次は平昌シーズン男子展望の予定(これも前後編に分けるかも)

合間に、書けたらDOIの他のスケーターの感想記事も入れたいのですが未定;;


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。