Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

ルール改正の話

平昌の翌シーズンから4回転の基礎点が下がるのは知ってたけど、3回転の基礎点まで軒並み下がるんですね。
新基礎点表

ついでにペアのスロージャンプが普通のジャンプ以上に大幅基礎点減。あまりにもペアのケガ人が多いからというのもあるようですが、ペアもシングルと同じ方向性(質とのバランスもとってね的な)にしたいということか。

個人的に4Loから4Lzまでの点差そのものは妥当になったと思うけど、4Lzの優位性が一気に激減されなぁ。だったら今までの、3Lzとそれ以外のトリプルとの差と比較した際の、不自然なまでに特別扱い的な点の高さは何だったんだよ?と言いたくなる。

ボーヤンやネイサンに続いてヴィンス…と10代ばかりが立て続けに決めてしまうまで、基礎点決めた側に4Lzは超特別、的な思い込みがかなりあったんじゃないかと思ってしまいました。そのくせ4Lzより更に超特別なハズの4Aには、選手サイドが(他のクワドと比較して)低すぎると感じる基礎点にしてたのだから、謎です。

おそらく現在の基礎点を決めた側にとって、4Lzも4Aも余程現実的じゃなかったんだろうなぁと…

この点に関しては、ルールを作る側にも他の選手にも観る側にも大幅な意識改革をさせた若い選手たちの挑戦と達成を称えたいところです。

特に、ボーヤンの4Lzのお陰で4T4Sから順番に…みたいな思い込みの習得スタイルが崩れて「得意なジャンプから跳べばいい」になったのは、選手にとっても良いことだったんじゃないかと思います。あの4Lzがあったからこそ昌磨くんもシニア1年目で4Fにトライしたのだろうし、彼には4Fを跳ぶポテンシャルが絶対あると思っていたから、そこは本当に有難かった。

ただ4Lzが現実的であることを証明した結果、基礎点の優位性が大幅に下がる展開になったのは、4Lzジャンパー先駆者側からすると残念というかちょっとキツそう…とも思いました。勿論選手は粛々とルールに従ってひたすら総合力の向上を目指すのみなのでしょうが、これほど一気に優位性を下げるなら、最初からもう少しくらい妥当な点差にしておけば良かったのに…とはどうしても思ってしまいます(´・ω・`)

ブラウンのコーチのコリさんも誰かが跳ぶ前に設定された高難度クワドの基礎点が高すぎると言っていたようですが、そりゃPCS的にはずっと上の演技してる彼のコーチならという不満はあるよねぇ;;

とはいえ、新時代を切り開いた功労者たちがその優位性を保ったまま最初の五輪を迎えられるのも確かです。色々な意味で大きな節目の大会となりそうな平昌五輪、果たしてどんな結果が生まれるんでしょうか。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


基礎点がこれだけ下がるってことは。
今後はジャンプの数も7本に減らすとかいう話もされてるみたいだし、今季中に330点を超えるスコアが出なければあれが歴代最高点になるってことですね。

PCSの出方は明らかに2015-16シーズンより2016-17シーズンの方が辛くなってたけど、五輪シーズンの今季は様々な思惑も絡まって乱高下するヨカン。大舞台ほど良演技には大盤振る舞いされやすいことも含めると、330超えスコアが出る可能性はあるだろうなと思ってます。出せる選手はものすっっっごく限られるとは思うけど。

個人的にSPの方は110点前後がトップに立つための1つの目安かなと思ってるんですけど、どうかな~ ついでに、昌磨くんはそこそこまとめた程度だとこの点出すのは厳しい気がします。構成上げたりつなぎ増やしてるから、まずはまとめられるかどうかなんだけど(クワド入りになってからSPには手こずってるからねぇ)

昨季はその前のボストンワールドのこともあって、昌磨くんの試合が終わる度にスケオタ仲間の方々から「ここでノーミスしなくて良かった!(ワールドにとっておいて欲しい)」というメールが来たものでしたが(苦笑)、今季も似たようなことを祈る羽目になりそう。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


平昌後のルール改正、今のところ昌磨くんに影響あるとしたらGOE11段階ですかねー

個人的には、今のジャッジに全選手に対して妥当な11段階評価をするキャパがあるのか?(能力的な意味でも余力という意味でも…)という点がものすごく不安なので、まともな運用がされるかどうかかなり懐疑的だったりします;;

11段階にするなら、まともな平均とるのにジャッジの数も1.5倍か倍の人数が必要なんじゃないのかなと乱暴なことを思ってしまったり(^^;)


話戻して、各クワドの基礎点差がなくなった上に、GOEの計算方法も変わりました。

私の勘違いでなければ、質の良い4T>質が0以下の4Lzになり得るんですよね?(間違ってたら後日修正します;;)

これはかなりの改変だと思います。クワドの種類や本数が多いことの優位性は依然として残るにしても、これで各自の能力・得意不得意に応じて、勝つためorより上位に行くための構成の選択の幅は少し広がるんじゃないかなと。

昌磨くんは、3Aはともかくクワドの方はバランスや着氷の質より入りでGOE稼いでることが多いから、今の質だと加点幅がどうなりますかね。マイナスのGOEの方に関しては、実際に運用されてるところを観てみないと影響の度合いは読めない。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


ところで、構想段階だけどアスレティック・プロとアーティスティック・プロに分けてそれぞれと総合の3つに別々のメダルを授与する、という話。

アーティスティック・プロ単独のメダルがあるのはすごくいいと思うけど、それをやるなら今みたいにPCSが露骨にTES(特にGOE)に連動するジャッジングは改善して欲しい。TESでは一切採点しないというなら別だけど、普通にTESとPCSの合計点で競うなら。

いっそ

PCSを上回った分のTESはカウントしない

くらいやればいいのに(笑)
それだって、TESが高い方が有利なことには変わりないんだし。

ともあれ、現行のシングル(その構想だと総合に当たるのかな?)のジャッジングとは一線を画したスタイルにしないと分ける意味が無いから、実施する気があるならそこは本当に熟考して欲しいです。

今だって新旧世界王者はそっち方面でもジャッジ評価高いんだし、クワドレスでもブラウンレベルならPCSではトップ3狙えるくらい点出てるんだから、そこちゃんと考えないと現行と大差なくなってしまう。

ちなみにこれまで観てきて現時点で私がアーティスティック・プロの台乗り候補を考えるなら、迷わず、ブラウン、Pさん、ハビを挙げます♪ 今後アーティスティック・プロに特化したプログラムが作られるようになったらその時はまた変わるでしょうが、現役選手の現行のプロを観た中では、ということで。

それから上記の構想とも関係してくるけど、プログラムの時間短縮には絶対反対。

理由はコリコーチやオーサーコーチも指摘してる通り、「芸術表現やトータルパッケージを見せるためには時間が必要」だから。

確かFSのジャンプを1本減らす構想もあったと聞いてますが、今の時間のままで減らすのであれば、そえrでやっとプログラム作品として丁度いいものが観られると個人的には思ってます。要素と同時に時間まで減らしたら意味が無い。コーチ陣も指摘してる通り、むしろ今以上に忙しなくあれこれをこなさなければいけなくなる。

何でフィギュアスケートの原点回帰を指向しながらそんなこともわからないんだろう、と激しく疑問です。

単純に経費削減が目的なのはわかりますが、「フィギュアの過去の人気を回復したい」という意図とは相容れない方向性だなぁと。。。

まぁ高難度合戦がいったん落ち着いてアーティスティックな演技が評価されるようになれば人気回復に直結するのか?といったら、何とも言えませんけども。。。ただ大国の選手が強くて、それらの国で人気があればその競技は安泰、といった事情は厳然としてあるだろうし、そこはある程度フィギュアも同じだろうとは思いますが。クワド合戦が完全にアジア系優位になってることも無関係ではなさそう。

五輪競技として見れば男子の高難度技の応酬はスポーツとして注目を浴びるだろうと思われるだけに、そこら辺の舵取りも難しいのかなと。

男子における「男は黙って4回転」は今後も変わらない気はするけど、ここ2年で狭まりかけた戦略の幅がもう少し広がるといいなとは思います。

フィギュア人気の衰退は海外の方が深刻そうだから、そこら辺も含めてフィギュアの未来がどうなっていくのかは気になるところ…


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


GOE11段階のジャッジングについてもそうですが、人間による採点競技に対して機械的に判定されるタイム競技のような完璧な正確性や公平性を求めることはもともと不可能だと思います。だからこそ余計、全部踏まえて大変な努力をされている選手の方々には、改めて頭が下がります。

以前あるTV番組を観ていたら、パラリンピックの選手が、支援を求めて企業に営業する際、基準とされるのはフィギュアスケートだと言ってました。「フィギュアスケートと比較するとどうか」、という視点で検討されるようです。別の番組では、男子新体操の選手が冬季五輪の花形であるフィギュアスケートに対して、(競技種目として)とても羨望を抱いていました。

でもそのフィギュアスケートでさえ、危機感をベースに大幅なルール改正をしようとしています。

スポーツの光と影の部分も否応なしに視界に入る、今日この頃でした。

世界でなく日本でのフィギュア人気に関しては、トリノ前後から羽生くんにかけてこれ以上無理ってレベルのピークに達してしまったと思うので、下がることはあっても今以上に上がることはないと思います。特に、真央ちゃんや羽生くんのようなビジネスモデルはほぼ再現不可能だと思う。(真凜ちゃんに実績が伴えば別のタイプのビジネスモデルが生まれるかもですが)

スーパースターがいた方が-少なくともいないよりは-競技自体の露出機会(TVにしろ雑誌記事にしろ)も増えるので、競技ファンにとっても他選手にとっても恩恵があるだけに、そこら辺今後どうなっていくのかなーとは思ってますけども。具体的には、羽生くん引退後のGPS地上波の扱いとかね^^;

次回は、目先の五輪シーズンの展望の予定。その前にロンバルディア杯始まっちゃいそうですが;;


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード