Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

ロンバルディア杯男子FS・part2

後半のクワドが立て続けに決まって震えた…!

昌磨くんのクワドが同時に4本もクリーンなんて…!( ;∀;)

いつも何かしらこらえてたりオーバーターンとかバランス崩してたりするのに、今回は着氷時のフリーレッグが(本人比で)全体的に高く上がってたことに感動しました(つД`)

シカゴ合宿万歳。

にしても、本番構成での通し練習なんてまだ十分やってないだろうし、4Sも4Lzも成功率良くないという話でしたよね。ショーでも4Sは両足だったし、4Tですら全部クリーンに入るなんてまずなかったから、今回は完全にグダるの覚悟で観ていたというのに…

脱 帽

練習では殆ど上手く行ってないというのは事実だと思うので、なんかダメダメ詐欺っぷりもレベルアップしてるような… もうどんだけ本番に強いのかと^^;

これで昌磨くんは4種クワド全て、試合初投入で成功させたことになるんですね~~スゴイ!(・∀・)

過去の3種が全部そうだったから、その法則が発動すれば今回の4Sもイケるんじゃないかなーと、実はちょっとだけ期待してはいましたv

4Fも、今年の四大陸以来のクリーンっぷりで嬉しい。昨季も今夏のショーでも多かれ少なかれバランス崩すクワドばかり観てきたからクリーンに決まるとうわあああーーーってなりますヽ( ´∀`)ノ もともとスピードがあって流れが途切れない演技だから、着氷決まると更に流れが気持ち良い。

昨季なら初戦でこれだけの出来だと心配になってたと思いますが、今回はショーで何度も演技を観てきたこともあって、まだ本人比でジャンプだけでいっぱいいっぱいだというのがわかるから(本人も試合後コメントでそう言ってたし)その手の不安は感じませんでした。

むしろ、これでジャンプいけるという自信がついてくれたら、今後はもっと表現に力を入れる余裕も出て来るんじゃないかなーと思えました。なのでそこを一番!期待したいですね。

以下は別記事で語るつもりの話でしたが、ここで。

FOIはリハーサル&土曜夜公演を生で、それから土曜昼公演(多分)をTV放送で観ました。この3回で、「クワド4~5本入れた演技」と「クワドは2本に留めて代わりにものすごく気迫のこもった演技」の両方を観たのですが、私には前者と後者は同じプロに見えなかったです。そして後者を観た時は、(ジャンプ以外の部分に関しては)こんな演技が五輪で観れたら申し分無い!!!と思うほど心揺さぶられました。

観た座席の位置や生鑑賞補正もあると思います。でも目が釘付け状態になった後者と比べると、前者(TV放映回含む)は振付が寂しいと思うくらい別モノだった。ロンバルディア杯の演技特に後半は、ジャンプの出来が良すぎたことを除くと(それだけで十分興奮はしましたけどね)前者に近かったと思います。

なので試合後本人が「まだ半分くらいしか滑れてない」と言ってるのを聞いた時も、「そうだろうなー」という感じでした。

今回は本人比ではまだ「とりあえず5クワド構成で跳んでみた」段階だと思うので、演技内容についてどうこうは語りません。これまでのペースで考えるなら初戦で自己ベストはかなりすごいと思うんですけど、それでもあくまで「調整試合としての演技」に見えました。

でもジャンプがちゃんと入らないと肉付けしていくスタート地点にも立てないから、その意味では今回の調整は想像以上の結果で本当~~~に良かったです。ジャンプグダグダだったらまずそっちが最優先になっちゃうだろうし、表現はいつー…になってしまうので;;

折角ジャンプをまとめられたので、どうかここから表現にも注力していけますように…!(>人<)

今回は編曲が同じサビフレーズの繰り返しで前回と比べるとメリハリに欠ける感じなので、個人的には、曲を従えるくらいの迫力ある演技が観たいです…!

あとはもうほんとにほんとに、ケガにだけは気をつけて…と、それだけ。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


あーそれにしても、やっぱり競技リンクの広さで観る昌磨くんはいいわ…(* ̄▽ ̄*) ダイナミックな動きとスピード感を堪能出来る。

スタミナに関しては間違いなく、昌磨くんは私の理想のスケーターです♪

今回は公式のライスト映像と、少し離れたところから俯瞰で全体が観れる観客席動画の両方あったのが嬉しい。

前方席は臨場感があって表情もよく見えるから座りたいと思うけど、ダイナミックさを堪能するにはやっぱり少し上方の席がいいのですよね。スケート、特に昌磨くんを観に行く時はどちらにも座りたいから悩ましいところです。まぁ予算の都合で選ぶ席種を決定することもありますが(苦笑)

余談ですが、ペアは3列目~7列目くらいの距離で観たいです。あの迫力はやっぱりそのくらいの距離で味わいたい(;・∀・)=3


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード