FC2ブログ

Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GPF男子終了で少し

何というか、もう

どれが敗因かわからないくらい

ミスのデパート状態


まるで、まとめて一気に洗い出したかのよう( ;・∀・)

ここまでヴァリエーション豊かにミスが重なると、もう「あれさえ無ければ…」という気にすらならない(苦笑)

でもさ、1つだけものすごく不思議なんだけどさ。

コンボでセカンド3Tつける際にザヤが心配なら、

何故2Tにしとこうと思わない?

いや2Tどころか、1Tだってつければ勝ってたよ?^^;


…もう根本的に、演技中に計算し直してリカバリするのが苦手なんだろうなぁ…

そこら辺が、詰めが甘いというか、勝ちにこだわってリカバリにも執念を燃やす羽生くんやネイサンとの差かなぁと思います。

あと、私は五輪シーズンのGPFの優勝と五輪結果の連動性を知ってるので、今回の結果はかなり重視してたのですが。

昌磨くんにとっては、GPFまで含めて調整試合だったのかもしれない。実際、インフルエンザからの仏杯で調整スケジュールは狂っただろうし。あと自覚できてないだけで地元開催で羽生くんもいないGPF、というプレッシャーもあったのかもしれない。

昌磨くんの照準がチャンピオンシップや五輪、或いはどちらでもなくその先とかであれば、(神演技券の使いどころという観点から言っても)どうこうは言ってもしょうがないかなーと。いや、勝手な憶測ですけども。


まぁ結局のところ、「5クワド構成でミスなく滑るのは、あらゆる意味でとても難しい」ってことに帰結するのかなーと思ってます…


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


改めて思ったこと。

1スケオタとしては、4回転が何本決まるかが焦点になる演技よりも、4Tしかなくても魂の咆哮を見るかのように心揺さぶられた今回のヴォロのような演技が観たいです。心の底から。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

あかね

Author:あかね
管理者ページ

最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。