Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

こんなイベントがあったらな妄想

ふとしたきっかけで万博とか科学博のことを思い出して、そこから「スポーツ博みたいなのもあったらいいのに」と連想しました。

スポーツそのものも、スポーツにまつわる科学技術分野も色々進化してるし、最新技術の一端を披露したり、アスリートのやってることを疑似体験させてもらえるようなパビリオンがあったら楽しそうだなぁと。あと勿論、アナログでスポーツ体験してもらうコーナーとかも。

五輪期間中にTVでやってたスピードスケートを滑っている時に受ける風圧を体感するやつとか、TOYOTAさんのショールームにあるクリムキンイーグル体験台とか(一般向けに反り返る角度も足を開く角度も甘くなってましたが)、そんなに凝った装置をわざわざ作らずに出来ることも色々ありそうですし。

平昌五輪でフィギュアスケートの日本チームが採用していた、練習の動きを撮影した映像を即座に選手のPCに送信するシステムについては、しばらく前にTV番組で見たことがありました。私が見た実例は重量挙げのトレーニングで、フィギュアにも導入されるといいなぁと思っていたので、五輪中に記事で見た時は「おおっ(・∀・)」と思いました。

同じ番組内で、世界中の選手の試合映像がPCですぐに確認出来るデータベースの存在も知りました。番組で紹介されていたのは体操(とあと競泳もあったかな?うろ覚えですみません)でしたが(体操のデータベースは内村選手が利用していた)、実際にはどれだけの競技のデータが揃っているのかなと興味をそそられました。

というか、フィギュアでそんなデータベースあったらムチャクチャ観たい!( ;∀;) 特にアイスダンス!

あと、以前カナダ開催のワールドに行った時に、ペア演技中の女性の頭部につけたらしいカメラの映像を観たことがあります。ものすごく目まぐるしく天地が色んな角度でグルグル回っていて、ペア女子はこんな光景を見てるのか!と度肝を抜かれました。体操の床をやる時の選手目線の映像も似たような感じでしたが、ああいうのもまたじっくり観てみたいなと。

シンクロの水上と水中を同時に(屈折率の影響無く)見せる技術等々、スポーツ中継時の映像で使われる最新技術の仕組み解説とかも見てみたいですねぇ。

冬季夏季両方揃うのが理想ですが、夏季だけでもいいからそーいうイベントあったらいいなぁほんと。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

あかね

Author:あかね
管理者ページ

最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード