Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

法事の日の快楽・2

法事で食べた美味しい昼食の話・その2。
前回の画像もそうでしたが、元はそこそこの画素数で撮ったものの、パケット通信料をケチったので画質が粗くなっちゃいました;;

▽【まりも梅】

marimo_ume.jpg

蜜づけの青梅で、蜜につける前段階がとにかく大変。

大量の固い青梅の表面を針で200~300回くらい刺す。これが数日に渡る夜なべ仕事。

この後更に手間と時間をかけて水に浸したり湯で煮たりして、最後にようやく蜜につけるのだそうです。

冷えた状態で食べるのが、まさに涼菓!という感じで、甘くてとても美味しいです~vvv

ネットで調べたところ「最初に皮を剥いて湯通し、蜜につけて火を通す」というレシピは見つけたのですが、このお店のまりも梅は最後まで皮付きのまま。とても柔らかいので、口の中で皮ごと解(ほぐ)れる感じも良かったです♪

女将さんの話では、梅酒と間違えて最後まで手を着けず、後から梅酒じゃないと気づく人もいるそうです。このため、冷たいうちに食べてもらおうと、出したときに「是非冷たいうちに召し上がって下さい」と懸命にアピールするようになったらしい。

確かにこれだけ手間かけてるのですから、冷えて美味しいうちに食べて欲しいですよね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード