Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

『Ring Ring Wonder Christmas』

先日伊勢丹に出かけたら、すごく目を奪われるメルヘンアートなイラストが店内に散りばめられていました。

あまりに素敵だったので、何処かにこのイラストが描かれたパンフが無いものかと探したのですが、見当たらず。デパートを出る寸前、諦めきれなくて入り口のインフォメーションに赴き「この絵が印刷されたパンフレットとかありませんか?」と尋ねたところ、何と!

デスクの影から、沢山のイラストが印刷された文庫サイズのパンフレットを出してくれましたvvv

しかも、文庫サイズとはいえ全16Pのフルカラー印刷。商品広告などは一切無く、紙質も良くて、もう無料配布物とは思えないゴージャスさなんですよ!(驚)

RRWC.jpg

イラストを描いたのは、各界で活躍中のイラストレーター兼アーティスト/クラウス・ハーパニエミ氏。

一連の作品は生物多様性をテーマにした物語『Ring Ring Wonder Christmas』のために描き下ろされたもので、伊勢丹の環境活動への取組の一環ということでした。

フィンランド出身の絵描きさんだそうで、なるほど、色彩豊かな中にも北方的な冴えた美しさーー喩えるなら北国の色ガラス細工のようなーーを感じさせてくれる絵だな~~とウットリ。

でも無料配布物なのに、インフォデスクの影に束になって置かれてた以外は、店内の何処にも置いてなかったのは何故なんだろう。それって、私みたいに「欲しい」って言ってきた人のみに配布する用の備品だってことなんでしょうか?(苦笑)

それとも、全12話(11の動物とお月様のところに行く物語なので)のうち、Webで公開されてるのがまだ2話分だから、配布もまだ控えてるってことなのかな。

『Ring Ring Wonder Christmas』のイラストはボードやポスターやクリスマスツリーのオブジェとして店内のあちこちに飾ってあるので、今伊勢丹に行くと絶対に目に入ります。

伊勢丹の公式サイトでは壁紙や携帯待受もダウンロード出来るので、早速壁紙にしてしまいましたよ~vvv(カラフル過ぎるので、絵を描くときは引っ込めた方が良さそうですが^^;)

最近シベリウスその他フィンランドの作曲家のピアノ曲を iTunes でよく聴いてるので、この壁紙はすごくピッタリですね♪


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード