Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタンプ栞

スタンプは使い終わったらこまめにクリーニングをする必要があるため、お気に入りの柄や複数の作品に使いそうな柄は、いくつかまとめて捺しておきます。

超お気に入りの3羽のフクロウスタンプは、どんな作品を作るかを決める前から4つ捺しておきました。

ATCで3つ使った後に1枚余った分をどうするか考えていた矢先、栞に丁度いいサイズ&柄のペーパーの切れ端を見つけたので、そこに貼り付けることに。

↓上からクリア(透明)エンボス加工を施して強度を上げてます。

3owls_bookmark.jpg

エンボス素材にも色々あって、これは粒子がとても粗い「UTEE(Urtra Thick Embossing Enamel)」というものを使っています。

「Urtra Thick」という名前の通り、普通のエンボスパウダーよりずっと厚みが出るので、ペーパーを切り貼りして栞を作る場合に丁度いいコーティング剤代わりになるんじゃないかと思ったのですよね。

結果、期待通り手頃な厚さになり、表面は写真で見るようなデコボコした感じになって触り心地が面白いです。

読みかけの本や付箋紙代わりに栞を使うことが多くてしょっちゅう栞不足気分になってる自分としては、「これで栞が自作できるジャン!」と少しココロが弾みました(笑)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。