Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

久々にピアノの話

◆今、ピアノの練習が結構ハードです。

練習しまくりということではなく、楽譜の難易度が私のレベルからすると背伸び気味の曲ばかり、って意味で(苦笑)

バッハの全15曲ある『インベンション』、最初にやった10番も次にやった4番も最後まで弾けるようになってレッスンがスタートするまで2週間程度だったのですが、今やってる5番は1週間に2~3小節しか進みません。。。

既に練習開始から12週も経っているのですが、暮れに3週ほど足踏みしたため(練習はしてたけど、先に進めなかった)まだあと4段分も残っています;;

練習始めてすぐの頃に、「先生、次やるといった5番は年明けになります」と宣言しといたからまだよかったものの、これじゃレッスンに入れるのは2月になってしまいそうです^^;

最初は何とか頑張って年内にと思ってたのですが、やっぱり3小節程度でも1週間くらい弾きこまないと無理なんだ~

先生曰く「インベンションは時間をかけていい曲なので、ゆっくりやって下さい」とのことなので、焦らないようにはしていますが。

ちなみに「同じテーマがひたすら繰り返されるインベンション」(坂本龍一さんは「金太郎飴」と言ってた(笑))は、集中して弾いてると催眠術にかかりそうな気分になります。バッハの音楽って「神に捧げる音楽」というイメージなので、確かにこういう曲って宗教的な洗脳にはすごい効果を発揮しそうだな~と。

上手い喩えがわからないんですが、ひたすら弾いてると、段々ランナーズハイみたいな感覚になってる気がするんです。それと、自転車やバイクを「どこまでコントロールを保ったまま速く走れるか」ギリギリまでトライ、してるみたいな感じ。

そういうのって、宗教的な麻薬感とも通じる気がします。

管理人の場合、「トリップするのにクスリは要らぬ、インベンションさえあればいい」という(苦笑)

特に今やってる5番は、仕上がりスピードで最後まで弾けるようになったら、かなりのトリップ度だと(個人的には)思ってるんですよね。最初にやった2曲よりスゴイ。

早く5番を最後まで弾けるようになって、思いっきりトリップ気分に浸ってみたいです(笑)

◆12月の時点で他に練習していた曲は、『もろびとこぞりて』と『おしえて』(ハイジの主題歌)。

どちらも「伴奏つきで歌ってるようなイメージ」で弾ける、和音が沢山!なアレンジを選んだのですが、その分やっぱり難しいです(私にとっては、ですけどね)

『もろびとこぞりて』なんて、2P分も無いのに3ヶ月は格闘してました^^; まぁ途中から指導してもらったことで課題が増えた、というのもあるんですが。

とりあえずクリスマスに向けて練習していたので、「今回はここまで」ってラインを決めていただいて、そこまではまぁそこそこ到達しました、ってことで。。。指遣いが難しい前奏とか、まだ全然ダメダメなんですけどorz

今年のクリスマスにはまたブラッシュアップ出来たらいいんですけどね~  この話題については後日談もあるので、また改めて書こうと思います。

『おしえて』の方は上級アレンジということもあって(中級がよかったんだけど、初級か上級の楽譜しか手に入らなかったの)音の移動距離が大きめ。視覚に頼ることが多い自分には、ついていくこと自体が大変です。

両手のパートが2オクターブ離れてる上に、左右それぞれが1オクターブの距離を3ステップで行ったり来たりするような箇所では、カメレオンみたいな両目が欲しいと思わずにいられませんでした(苦笑)

ピアノ上手な人たちって、この音はどの辺にある、っていうのを、もう「空間感覚的に」わかってるんだろうなー

近くにある音同士を多少ややこしい指使いで速く弾くような練習曲タイプのフレーズだと、目をつぶったりよそ見しながらでも弾けることはありますが、移動距離が長い(&身体からも遠くなる)場合は一瞬でも視線を向けないと難しいです。

でも左右同時には見れませんから、両方の音が身体から離れているとき視覚のみに依存していたら絶対に弾けません。

そうしてピアノ弾きの皆さんは、空間的な定位感覚を身に着けていかれるんだな~(と、まだ他人事(笑))

ちなみに今は、「ものすごく指を開きまくりながら音が1オクターブ以上も移動する箇所」に苦戦中です^^;

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

坂本龍一さんの『スコラ 音楽の学校』(Eテレ土曜23:00)が毎週面白くてお気に入りなんですけど、音楽教養番組の面白さを自分の意図した通りに語る・表現する自信がありません^^; 音楽というジャンルに関しては、まだ自分のものになってない用語や言葉が多い気がするので。

今日の記事のように身体感覚や五感にまつわることなら、身についている言葉だけでも表現出来るんですけどね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード