Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

持ち上げることとデタラメは違う

当たり前の結果ではありますが、羽生くんはメディアにロックオンされましたねー

TVで男子フィギュアの話題が取り上げられるときはこまめにチェックしてきたのでよーくわかるのですが、ワールド前には明確だった格下扱いがすっかりなくなり、番組によってはそれ以上に。

扱いが変わるのは時間の問題だとは思ってましたが、あれだけ衝撃的なワールドデビューを飾ってしまうと食い付きも違うんだろうな。

ただここで1つ、すごくすごく訴えておきたいことがあります。。。

TVの情報番組で、スケート関係者以外の専門外の人が「○○選手はこうするとよくなる」とか言ってる話は、あまり真に受けないで欲しいんです。

全てが間違いということはありませんが、デタラメなこともあります。

フィギュアを最重要コンテンツとしている筈のフ●テレビの某朝の番組で、ちょっと勉強すればわかるようなことすらまるでわかってない人たちが、再三に渡ってかなりいい加減なことを言ってました。

羽生くんの技術・能力に関しても事実から外れまくりの分析をしていたので、あんな説明を聞いてお茶の間の人に勘違いをされるのは本当に悔しいです。

元スケート選手の解説でも日本選手を持ち上げるための盛り要素はあるのですが、「盛り」と「デタラメ」は全く違います。

スケート関係者なら期待をこめて必要以上に選手を持ち上げることはあっても、その選手の「長所」や「課題点」について露骨に間違ったことは言わない筈です。

質問する側が何もわかってないせいで、たとえば、高速スピンが得意な選手と苦手とされている選手が同席しているときに、「スピンを速く回るにはどうしたらいいんですか?」という質問をわざわざ後者を指名して聞く、なんてこともありました。聞かれた選手は、ただ苦笑。

今までスポーツに詳しくなかったから気がつきませんでしたが、アスリートがTVに出るとこういうことを普通にされてるんだ…というのがよくわかりました。

これからは他のスポーツについても、素人サイドが言ってることには気をつけよう。。。

それにしても、フ●テレビは全日本も世界選手権も放映権を握っておきながら、フィギュアに対して愛もリスペクトもない対応を繰り返すので、それが本当に残念です…


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード