Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

羽生くんのコーチ変更

羽生くんがコーチをブライアン・オーサーに変更、阿部コーチとの専属師弟関係は円満に解消、ってことで、一部のファンの人たちが騒然となってるみたいですね^^;

世界を相手に戦う選手なら遅かれ早かれ通る道だろうし、日本のリンク環境がものすごく劣悪だというのは何度も聞いていたので、海外に拠点を移すのは自然の成り行きだろうと思います。

特に今季の成績を本人的限界点といえるレベルにまでバーンと持っていった以上、来季これより上の結果を出していくことの大変さを考えると、このタイミングで練習環境を一新するという選択はすごく納得出来ますね。

阿部コーチの羽生くんプロデュース力には絶大な信頼を寄せていたのでその点寂しくはありますが、いかんせん羽生くんの進化スピードが速すぎて名実共にシニアの世界トップクラスに躍り出てしまった以上、このくらい状況を変えないと先に進むのが厳しいレベルにまで到達しちゃってる、ってことなんじゃないでしょうか。

カナダに拠点を移すことについては、リンク環境や指導を受ける環境が良くなることで羽生くん自身が望んでいるスケーティングスキルの向上が期待出来ることが嬉しいです。

あと、来季にかけては海外にいた方が余計なことに煩わされずに済むんじゃないかなーというのも(実際そうなのかどうかは憶測でしかないのだけど)ちょっとありますね。今季一気に注目を浴びたから、身辺がすごく騒がしくなってきてるんじゃないか、とかどうしても思ってしまうので、私は「海外に拠点を移す」と聞いてほっとしたクチです。

スター性がハンパないとはいえまだ高校生だし、国内の雑音に煩わされずに海外で練習に専念出来るならその方が絶対良さそう。

自分としては、まだ見たことのない色々な羽生くん(の魅力)を拝ませていただきたので、新境地の開拓にも大いに期待してしまいます。昨季と今季のプログラムだけ観ても「羽生くんはこういうタイプ」とか「こういうのが羽生くんの真骨頂」なんてことは、まだ到底決め付けられない選手だと思うから。

ロシア路線は羽生くんに合ってて素敵だなーと思うのですが、ソチが近い今はロシアの指導を受けるのは難しいだろうし、ここでいきなり北米路線!というのは新鮮でいいんじゃないかな。ロミオや白鳥がハマりすぎなのは確かだけど、ロミオの魅力要素のいくつかは何度も使えるものではないし、やはり来季は全然違ったものを観てみたいですね。

しかし…彼が理想的な練習環境を手に入れたら、ますます怪物度がUPしちゃうかも。来季のことは誰にもわからないけど、新しい環境が良い化学変化をもたらしてくれたらいいなぁと思います。

正直、羽生くんは色々と規格外で進化スピードも速すぎるので、もう次々と予想外のことをやって驚かせてくれればいいよ!…的に開き直らないと、ファンとしてもついていけないって感じはすごくありますね(苦笑)

とりあえず、新しい環境で頑張って欲しいです。成長を楽しみにしてます!


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード