Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

W杯最終予選オーストラリア戦

日豪いずれのチームにとっても、この日一番の難敵は主審だったんじゃないでしょうか…

笛吹きまくりでゲームの流れを台無しにする審判て、確かにいますよね。久々に見ましたけど(--;)

ホームなのにオーストラリアに厳しいジャッジだなぁと思ってたら、矛先が変わってきてあとはもう;; 主審に対してやたら神経質にならなきゃいけない試合って、観ててすごくストレスがたまります。

ただ試合自体は見応えがありました。オーストラリアはやっぱり強かった。ゴール前の壁がすごく厚いし、オマーンやヨルダンと比べるとプレッシャーもかなり厳しかったように思います。ただ足下のボール奪われそうでヒヤヒヤしながら見ていた分、選手たちの足捌き(香川選手のターンとか)の上手さも楽しむことが出来ました。

それに豪のGKの活躍がとても印象に残ったってことは(今回のGKも見事だった)、日本もかなりチャンスを作りまくってたということだし。

1点目の、本田選手のドリブル&クロスのアシストには痺れました▽ 今回の得点も鮮やかな連携で良かったです^^

「アウェーで勝ち点1は悪くない結果。でもアジアでは全勝するつもりでいってるから、アウェーでも勝ちきらないと」という選手たちの言葉に、確かに今の日本ならそういう意識でいくのが自然だよなぁと改めて思いました。

サッカーに限らず、何を基準にして戦うか、その意識の向け方って重要ですよね。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード