Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

PIW東京公演7/16~ふれあいタイム

16日の午前公演はロングサイドのEXシートだったので、落ち着いてふれあいが出来ました。もう何人のスケーターさんにお声をかけて握手したのか正確に思い出せない^^;

素敵な方々が次から次へと自分の前にやっていらして、どうしたらいいんだよコレ!!!という状態;; こんなに1人1人とゆっくりふれあえるなら、バルーンフラワーとか買いまくっておけばよかった;;とひたすら後悔しました。

女子スケーターさんたちみんな綺麗! 美人さんたちは、近くで見ても美人さんだと思いました。荒川さんに「フレンズ初めて行くので楽しみにしてます」と言えればよかったと、後になって気づいた… かける言葉って事前に考えておかないと、いざ目の前にスケーターさんが来てくれても頭真っ白になっちゃってダメですね;;

小林くん、私のカメラに向かってポーズとってくれてありがとうございました。群舞のとき彼を観るのが毎回楽しみでした。「とっても素敵でした!」と伝えられて良かった。

ドミトリーさんやフィオナさんとも握手出来て嬉しい^^ ドミトリーさんにも何か言葉をおかけしたかったのですが、出て来ないまま終わってしまい、後から回っていらしたフィオナさんに何とか「Thank you for your great performance!」とお伝えすることが出来ました。(「Thank you」と返していただきましたよv)

次にこんな機会があったら、ドミトリーさんにどれだけ彼の腰の強靭さに驚愕しているかを上手い言葉で伝えたいです。。。実際凄まじいリフト技の連続を観る度に、「ドミトリーさんの腰は一体何で出来ているんだろう???」と思わずにはいられない^^;

高橋くんは本当にカッコよかった。TVで観るより生で観る方が何倍もカッコいいと個人的には思ってます。今回西南ブロック前にステップ前アピールに来たときは、DOIのときより離れたところから拝見したお陰で冷静に観察できたのですが、スマートな鋭さがあって、ものすごく絵になってました。眼福。

なので目の前に来てくれたときは「いつもすごくカッコいいです!」とかそんなことを言った気がする…(もうテンパっててロクに憶えていないorz)

プルさんとも握手しました。たまたまだったのか何なのか、不思議そうな顔をされた気が…自分の言ったロシア語が何か間違っていたのか、今もものすっっっごく気になっているのですが、おそろしくて調べる気になれないでいます;;

ただプレゼント渡さずに話しかけたり握手求めるのって、自分としてはどうにも気が引けてしまいましたね。。。「頑張って下さい」と言葉をかけたい方々ばかりだから、余計に。

最後に回って来たのは、勿論羽生くん。この日も沢山のファン1人1人に、満面の笑顔で丁寧に丁寧に応えていました。

絶対に伝えたかった言葉があったので言い出すタイミングをどうしようと考えていたところ、プレゼントを渡して握手していただいたときに彼の方から「ありがとうございます!^^」と声をかけてくれたんですよね。お陰で、そのタイミングでやっと言えました。

「スケートアメリカ、応援に行きます! エキシビション、最後に滑って下さい!」

そう伝えたら、

「頑張ります!^^」

と応えてくれました。
「最後に」は「男子のトリ」っていう意味だって、ちゃんと伝わってるよね?(笑)

私はどのスケーターさんに対しても自分のカメラに向かってポーズをとってもらうようなお願いはしなかったので(小林くんは私がカメラを向けてるのに気づいて自発的にポーズをとってくれたのです)、どの方の写真も斜めや横を向いてるのですが。

羽生くんと高橋くんについては、それだけでなく微妙にピントがズレてるものばかりになってました…

ピント合わないくらい緊張して手が震えたということか。この2人に限ってそうなるって、あまりにもわかりやすすぎだろ自分(笑)

結局、写真に関しては経験値不足の呪いは解けませんでした。
自分のカメラを向いてくれるようお願いできなかったのも敗因でしょうが、今回の羽生くんみたくお願いすれば何でもやってくれそうだとわかってると、かえって遠慮してしまって何もお願いできないんですよね(苦笑)

それにプレゼント渡してお話して握手してもらえただけでも、もうすごい満足、というのもありましたし。個人的には、握手がすごく嬉しかった! これから世界の頂点目指す人と握手なんて、それだけで感激してしまいます。何かご利益もありそう~♪

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

そんなこんなで美味しすぎるふれあいタイムを堪能した夜は、連日の暑さと興奮&緊張故の疲労困憊で体調ボロボロだったこともあってか、ベッドの上で

何かもう、今(あの世から)お迎えが来ても文句ないや(笑)

的な燃え尽き感を味わいつつ、眠りに就いたのでした…マル。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

16日の演技レポも書きたいんですけど、やることが色々たまっている上、疲労ほか来週の『The Ice』の準備もあるので(こちらはプレゼント受付無いからまだラクなんですけど)、書けたら書こうと思います。

とりあえず、初めて近くで羽生くんの綺麗な4回転が観れて嬉しかった!とだけ。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード