Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

バトルさんの話

◆「ファンイベントだから競争率高いだろうし、外れるだろーなぁ」と思いつつ、ダメもとで一口だけテレ東抽選に申し込んだバトルさんのファン感謝イベント、当選。

実は…

自分の中のバトルさんのイメージは、トリノ五輪の「若々しく清冽でジャンプを元気に決めていく可愛い王子様BOY」でほぼ止まってます(汗)

なのでしばらく前に海外のアイスショー番組で拝見したとき、「これは誰???」状態でした^^; いや、何より髪型に驚きまして…(笑)

スケート番組に関してはせいぜいゴールデンタイムの地上波くらいしか知らなかったライトファンの自分には、バンクーバー五輪前に引退したバトルさんのその後を目にする機会は無かったのです。。。(今年の猛勉強中も現役選手の試合中心に観てましたので)

ということで、まずはトリノのバトルさんの記憶を辿りに出かけました。


うわぁあぁあぁあぁ!!!

何このキュートさ!!!

何この足の長さ!!!

何このしなるようなイーグルの傾き!!!

何このイナバウアーのボディラインの美しさ!!!


トリノ五輪のSPで初めて彼を観たとき自分が思いっきりチェック入れた理由の数々が、まざまざと甦りました(笑)

トリノのとき、SPを観た段階で「この2人ににメダル獲って欲しいな」と思ったのが、ランビとバトルでした。金メダルはもう最初から決まってましたから(笑)、銀をランビ、胴をバトルに獲って欲しいなーと。

自分の願望通りになったので、あのときはすごく嬉しかったですね。

五輪では若さとテクニックの印象が強かったので、その後振付師になったと知ったときは「そういう方面にいったってことは、曲想表現も素敵なスケーターだったんだな~ 世界王者にもなってるし、トリノ後の演技も観ておきたかった;;」と非常に残念に思ったものでした。

トリノ五輪のフィギュアスケートのDVDは販売されてるようなので(収録はメダリストと北米選手メイン)、せめてそれくらいはゲットして往時を偲びたいと思ってます。

◆で、バトルさんについて色々チェックしているとき

「羽生くんの試合プロの振付はウィルソンって予想が多かったけど、カナダだからバトルもアリなんだよね。プロの1つはバトルだといいな~」

と思ったんですよね。

丁度バトルファンの方がそういう話題をしてらしたのを偶然見かけて、私も「思う思う思うそう思う!!!」みたいな感じで。

バトルさんは選手に合わせた振付をする方だと聞いてはいたのですが、ご本人の演技を観てしまうと、足の長い人にはさぞかしそれが映えるような振付をしてくれるんじゃないかと、つい勝手なイメージ&期待を抱いてしまいまして(笑)

そうしたら、モリコロで披露された新SPはバトル振付だったとの事!

いや~~エキシの客煽り振付といい、SPのバトル振付といい、観たいなぁと思うものが次々叶って嬉しいです^^

『The Ice』には絶対新プロ持ってくると信じてたけど、日光公演でも新SPが観れますように(-人-)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード