Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

GPS2戦目に向けて

まだ1戦目を迎えていない選手も多いですが、とりあえず現時点で1戦目を終えた選手について。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スケカナのフェルナンデスくんを見て改めて思いましたが、NHK杯の強敵って高橋くんだけじゃないですよね。

羽生くんはあの自爆上等構成の上に仕上がってないフリーの戦略、どうするんだろう。フェルナンデスやドーンブッシュがスケカナやフィンランディアみたくフリーまとめてきたら、遭難は論外としても自爆はそれなりにヤバイ気がしなくもない(さすがに4位以下は考えづらいけど)

高橋くんやフェルナンデスがノーミスかミス最小限という前提で考えた場合、“自力で”彼らに勝つにはやっぱりクワド2本は必要なのでしょうが、優先順位は絶対「ソチファイナル>GPS優勝」だと思うので1本ダメでも持ち直せるようであって欲しい。

彼は(少なくとも今現在は)内容より結果にこだわる人だと思ってるので、その意味でも次のNHK杯は興味深いのですよね。まぁフツーに今の構成のまま、「これで文句ないだろ!」と言わんばかりの演技でストレートにぶつかってくる可能性も大なのでしょうが(笑)

オーサーコーチがインタビューで、(羽生くんに関しては)急いで結果を求めないで長い目で見守って欲しいということを語ってましたが、一番性急に結果を求めてるのはファンじゃなくて本人だと思う^^;

そもそもスケオタから見てもライトファンから見ても、急いで結果を求めたくなるような年齢じゃ全くないですからね…(ネットでスケートファンの方が「1回や2回のシーズン沈んだところで問題ないくらいの若さがある。彼に関しては楽しみしかない」と言ってるのを見かけたことがありますが、全く同感)

でも五輪の金メダルを目指すような選手というのは、きっとそういうものなんだろうなと思います。

周りの期待よりも、勝ちたいと思う自身の気持ちの方が強い。

以前も語ったことがありますが、かつて別の競技のある有力選手の姿を見た時、すごくそう感じたことがあります。その選手は後に五輪を連覇しました。

中野友加里さんも試合に勝つために必要な要素と言ってましたが、そういう気持ちの強さこそが、努力や才能が報われるための最後の武器なのでしょうね。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

コーチと振付師変えて悪戦苦闘中のPちゃんと羽生くんが、何となくかぶって見えます。スケアメの羽生くんのFSの遭難っぷりを目の当たりにしたときは、JOのPちゃん思い出しましたし^^;

全く本領発揮出来なくてもきっちり2位取ってたり、総合得点まで似通ってる(苦笑)

つか、羽生くんあれだけ遭難してもスケカナですら2位取れる点数なのか…正直、遭難したことなんかよりそっちの方がよっぽど自分には驚きでした。

だって、あれでこの点なら、調子良かったらどれだけ点取るの?って、FS観終わった後にすごいゾクゾクしましたもん(笑)

個人的には(どの選手に対しても)点取りプロより確立された表現の方が観たい派ですが、それも結局は点数や順位とは別の範疇の「結果」を求めてることになると思うので、やはり競技のときは選手自身が目標としてる結果を応援したいと思ってます。

宝石(byカート)の研磨を任されたオーサーコーチの腕にも期待してますよ~

Pちゃんの「ラ・ボエーム」は絶対昨季よりずっと彼のスケーティングの魅力が堪能できる素敵プロだと思ってるので、ジャンプ戻ってくるように願ってます。

ステップ以前に、もうただ滑ってる足元を見るだけでこれだけ魅了されるスケーターって(現役では)他にいないですよ~~ほんとに、エッジワークに目が吸い付いてしまう。

今季も是非、男子戦場を面白くして欲しいです。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

織田くんのジャンプも演技もプロも大好きなのですが、240点後半は出さないとファイナルの切符は厳しそうですね。

小塚くんはミスが重なってもさらっと250点超えるところが、やっぱり強いなぁと思いました。今季は昨季の悔しさを大いに晴らして欲しいです。

町田くんはクワドがないから(FSに入れてるけど決まってないし、SPに入ってないのは厳しい)最小限のミスでも点が伸びませんが、PCSが80点台に乗ったのは嬉しかったです。

スケオタでバレエオタの知人が町田くんの「火の鳥」を観て、彼はバレエの動きがものすごく上手いとベタ褒めしてました。彼の演技・表現を、もっともっと世界の人たちに観て欲しいと強く思います。

あああああ、GPFはともかく、代表枠はほんと5~6枠欲しいよ! この素晴らしい選手たちを全員ワールドに送り出したいよ!!!(泣)

無良くんのFS「SHOGUN」は、カッコいいプロだと思いました。冒頭のクワドが綺麗に決まったから、ジャンプ何とかまとめて欲しかった…

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スケアメで本当に心配だったのは、アボットとミハルです…(トマシュも悲しいけど通常運転ということで)

あの大遭難の羽生くんがそれでもフリー3位だったと知って……何とも複雑な気持ちに…

アボットはジャンプミスだらけでも素敵プロは素敵プロだとわからせてくれる能力の持ち主だから、今回も「完成したらすごく良さそう」と思った人は多いはず。SPの「SPY」なんか衣装も振付もとてもカッコよくて、ジャンプ考えなければ本当にうっとりプロです(;_;)

アボが一番大事なのは全米でしょうから、それまでには調子整えて欲しいです。ミハルの素敵クワドも、ユーロまでに戻ってこ~い。

そしてガチくん。。。ロシア男子はソチファイナルに行けないのか…(せめてリプとアデリナは頑張れ) ワールドも1枠だしなぁ…


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード