Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スケオタ的ピアノライフ

ピアノの練習を、頑張っています。

それは、いいのですが。

問題は、練習時間の大半を費やしているのがレッスン中の曲ではなく、『パリの散歩道』だという(苦笑)

だって去年の今頃は、ロミオプロの曲(『Kissing You』ほか全3曲)がものすごく弾きたくて、でも楽譜がなくって、耳コピも出来なくて、ウズウズウズウズしてたんですよ。

今季は、スケアメに持って行ったハンドロールピアノをホテルで開いて最初に弾いたのが『パリの散歩道』のイントロだった、っていうくらいこの曲が弾きたくてたまらなかったんですよ。自分で耳コピしてアレンジもしてやる、って思ったくらい弾きたかったんですよ。

それが、全日本から帰った後に無事ピアノソロアレンジ譜が手に入ったんですよ。

※フィギュアスケート使用曲(主に日本選手)を集めたピアノソロ譜『銀盤のメロディー』の今季最新版

おかげで今年は、ものすごぉぅぅうい欲求不満(禁断症状)から少ーしだけ解放されて、嬉しい(T▽T)

もう、暮れからずっと弾いてます♪ 今年初めに弾いたのもこの曲です。

もっとも、2012年の最後に弾いたのは『亜麻色の髪の乙女』でしたが。(『パリの散歩道』は前半しか譜読み出来てなかったので、最後まで弾ける曲を弾きおさめにしたかった)

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

ピアノソロだと元の曲のようにエレキの単音をじっくり響かせて聴かせるアレンジには出来ないし、ドラムキット(リズムパート)の音の雰囲気も出せないから、SP曲とは大分印象の違うものになってます。でも演奏していて興が乗る弾き心地の良いアレンジなので、まぁこれはこれでいいかなと…

テンポがゆっくりめで左手パートもアルペジオ(和音を1音ずつに分解して弾く)だから譜読み自体は難しくないのですが、アルペジオがクローズじゃなくてオープンなので初中級レベルの自分にはちょっと弾きづらい^^;

※クローズは1オクターブ以内、オープンでは1オクターブ以上動く

でもポピュラーアレンジの先生には「オープンが基本」みたいに言われましたし、やっぱり1オクターブ超えてる方が聴き栄えもするので、頑張りたいです;;

ただ4Pある楽譜の後半はSPでは使われてない部分なので、耳に馴染みまくってる前半と比べると、演奏する上でのモチベーションが多少(略(笑))

※プログラムの曲は編曲&編集されていて、実際には2つの曲が使われてます。SP後半は別の曲なので、『パリの散歩道』で使われているのは曲の前半部分。

ちなみにものすごく好きな和音になる部分に限って、弾きづらかったりするんですよね~ 悔しいちゃんと弾きたい(苦笑)

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

楽譜はあくまで『パリの散歩道』なので、後半のバトル曰く「クレイジーなブルース」部分の楽譜はありません。この楽譜集には『Kissing You』もありますが、ロミオで使われている他2曲(『O Verona』と『Escape』)も当然ありません。

そもそもSP曲自体、原曲のゲイリー・ムーアの歌入りのものとはかなり雰囲気違いますし。

プログラムの編集通りに演奏するというのが個人的には理想なので、耳コピ出来る人が羨ましいです(><)

明子ちゃんの『O』もすごく欲しかったんだけど、無くて残念。小塚くんの曲は、他でも楽譜が手に入りやすそうな『サウンドオブサイレンス』より『栄光への脱出』が欲しかった。

あと弾けるかどうかは別として、町田くんの『火の鳥』も欲しかったなぁ。ピアノ曲以外のクラシック曲のピアノアレンジ譜って、ごく一部のメジャー曲を除くとなかなか無いので。

『ブエノスアイレスの春』『パリの散歩道』『Kissing You』が入ってたのは有難いんですけど、相変わらず何度も収録されてる曲が多いんですよね。バンクーバーシーズンやそれ以前の曲の割合は、もう少し減らして欲しい(弾きたい人はとっくに前のヴァージョン買ってるんじゃないでしょうか)

以前『Luv Letter』や『White Legend』だけを目当てにこの手の楽譜を買ったことがあるので、今回両方収録されてたのをみて、ちょっと orz になりました(苦笑)

ピアノの先生が「楽譜は大体1曲か2曲のためだけに買うことも多い」と言ってましたが、確かに。今回は『パリの散歩道』があっただけでもよしとするべきか^^;(『Kissing You』の楽譜は大分前にゲット済み)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード