Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

海外遠征にまつわるエトセトラ

◆ソチ行きの手配、チケット代の予算の上限を決めかねてるせいで、宿泊に回す予算が決められません~~

一応、これとこれを観るなら、チケット代込みのトータルの予算はこのくらい、という目安は何となくあるんですよね。でも最終的にチケットにいくらかかるかわからないので、どのグレードのホテルに何泊するか、というのを決められないのです↓

目下、チケット価格暴騰中だし;;(男子の2試合分で、1週間分の現地滞在費+往復交通費よりも高い)

とりあえず、予算の上限をかなり高く出来る人なら100%五輪観戦は出来るってことにはなるのでしょうが(ただお金があったとしても今ある条件で納得出来るか、そこまでしたいかとなると、また別だと思いますけども)


◆フィギュアスケートを観戦するなら、宿はやはり会場のあるアドレル一択になるんだろうなーと思います。とにかく試合終了時間が遅い…ほとんど真夜中;; 一応1駅離れたソチの宿なら予約できたのですが、駅からかなり遠くて夜中に徒歩で帰れる距離ではないんですよねぇ。1人でタクシーに乗ったらいくら要求されるかわからないし(GPFのときにはかなりの額のぼったくりがあったようです)、そもそも深夜じゃタクシーがつかまるかどうかも不明だし。

実はスケアメのときも、男子の表彰式を見るとホテルの無料送迎の最終時間に間に合わない、という事態は発生してました。そのときは後先考えずに「ええい、どうにかなる!」と己の安全より表彰式をとってしまったのですが(苦笑)、運のいいことに、表彰式後に通路に出たところで知り合ったばかりの同じホテルの宿泊客の方(米人女性)と出くわしたのですよね。

2人連れになったのを幸いに、会場の受付でタクシーを呼んでもらって無事ホテルに帰還することが出来ました。

五輪で、しかも会場から一駅離れたホテルでは、同じような幸運を期待するのはやはり難しいと思います^^; アメリカみたく送迎にリムジン頼めるものなら、高くついてもそうしたいところですが…ソチでしかも五輪会場じゃ、無理だろうなぁ。


◆余談ですが、スケアメの男子表彰式の後、ホテルにタクシーで戻ったときの話の補足。

運転手にホテルの名前や通りの名前を言っても、地図を見せても、場所わからないって言われたんですよ…会場から車で3~5分程度の距離なのに。結局ホテルに私のケータイから電話をかけて、運転手とフロントの人に直接話してもらってやっと場所把握してもらいました。

アメリカのタクシーって、ロンドンや日本のそれとはかなり事情が違うらしいと聞くけど、本当にそうだったみたいですね。通りの名前やゴルフ場の名前が書いてある地図見せてもわからないとは思わなかった;;(都会だと英語自体が通じづらい、なんてケースもあるらしい)


◆キリル文字、ちょっとずつ読めるようになってきました。

読めたからといって単語の意味がわかるわけではないんですけど、とりあえず文字の読みから始めないとどーにもならないですからねぇ…地名や建物名はそのまんまだから、絶対読めた方がいいし^^;

最後の手段は筆談でしょうか。必要最低限の単語や短文は、メモか単語カードにでも書き込んでいこうかと(苦笑)

…キリル文字を書く練習もしないと…


◆短文だらけだからキリル文字を読む練習にいいかなーと思い、ロシアンスケーターのツイッタを覗いてみました。

コフトンくんのお陰で、「神」とか「気が狂う」とかのロシア語を覚えました(笑)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード