Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

最新TVに物思う

先日、やっとTVを新調しました。私は機種選びの基準を決められなかったので、家族に丸投げ。結果、某液晶TVの最新機に。

下見につき合った当初、私が一番悩んだのは32インチにするか37インチにするか、でした。

私は好きなドラマや映画を観るときはTVの近くに陣取りますが、リビング直結のマイルーム(ドアなしで、細長の書斎みたいな感じ)内の椅子からTVを“ながら見”することも多いです。その場合、TVと私の距離は大体4.8mくらい。

今までのTVは22インチ程度だったので32インチでも大分大きいのですが、それでも店内で「私がながら見するときと同じくらいの距離」をとって観た感じでは、やはり少し小さい気がしました。

しかしリビングで観る場合は1.4~1.5mくらいの距離だったので、4.8mを想定して選んだら近くで観たいときに疲れそうだなぁと^^;

結局、購入したのは37インチ。
4.8mの距離から、シネマサイズで観ると丁度良い感じです。(もっともTVやTV番組のDVDを観るときは映像を横長にしたくないし上下も切りたくないので、ノーマルサイズに設定しちゃいますが)

近くで観るときは……今後どうしよう(苦笑)。

実は以前親の家で、海外ドラマのDVDをうちにあったのより大きいサイズのTVで観たことがありました。そのとき、「1.4~1.5mくらいの距離&22インチ」の組み合わせでは気にならなかった高齢役者のアップ顔の肌(というか皮膚)の様子がすっごく生々しくて、観てて気持ち悪くなったんですよね(--;)。何かすごく顔色悪くて、病気みたいに見えて;;

他にも、下見に行ったときに店内で観た32インチ以上のフルハイビジョンのドラマ映像でも、日本人出演者たちのアップを観て「コレはやっぱ、離れて観たいorz」と思ってしまいまして。。。

人間のアップって、大きな画面ではフィルム画像のような粗い映像で観ないと……色々キビシイんじゃないかと…… 比べてみた限りでは、ハイビジョンくらいの方が目に優しい(というか生理的に耐えやすい)んじゃないかというのは、すごく思いました^^;

ちなみに、美術品や自然の風景等はフルハイビジョンで観る甲斐がありそうな映像ですね。映像資料としての価値がありそうなものは、特に。

とりあえず有り難いのは、周囲からの映り込みがなくなったことと、前のTVではしばしば黒く潰れて殆ど見えなくなってた“夜/闇/暗い場面”の映像がちゃんと観れるようになるんじゃないかな~、ということですv(映画の『ハリポタ4』とか『ヴァン・ヘルシング』とか、ほんとに暗過ぎて何だかわからない場面があったんですよ~(><))

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード