Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スケオタの知人たちとメールをやり取りしていて、やっぱりN杯に関して違和感ありまくりだったのは自分だけじゃないんだなーと、ちょっと安心。

お一方は複数の事象に対して私よりずっと突っ込んだ指摘をしていて、それがいちいちこちらの印象とピッタリ重なるため、読んでて思いっきり頷いてしまいました。

あと五輪イヤーだからなのだろうと思いますが、明らかに昨季とは客層が違うという印象がありました。特に9日。

8日は中国ペアに国旗振る人もそこそこいたのに、9日はかなり少なくて、細々と振ってた自分としてはさみしかったです。(2012四大陸でスイハン、今年の国別と先日の中国杯でペンジャンいいな!と思ったので中国国旗を持参しました)

8日はペアの頃から客席結構埋まってたのに、9日はシングルになるまで空席が気になりました。かといって、特定選手のみに圧倒的な声援があったわけでもなく…(昨年のNHK杯や全日本比で) メディアの煽りに乗ったライト層寄りの人も多かったのかな、と思いました。

現地観戦したスケオタ仲間複数もいつもと客層違うと言ってましたし、手拍子もちょっと落ち着きがなかったような…タイミングも「?」で、表拍と裏拍間違えてるという指摘もあったみたいだし(といっても、私も海外選手を応援したくて合わせちゃってたんですけど…)

一番違和感があったのは、会心の出来とは思えない演技に得点催促の手拍子が起きたこと。あれにはさすがに引きました;; ショーや引退試合や長いブランクを経ての復帰戦とかならわからなくもないけど、ちょっと異様過ぎ。そこら辺も普段のファン層と違うのかなと思った部分です。

まぁ私も普段座らない座席エリアに座ってたので、そういう違いも影響してたかもしれませんが。

にしても、新採点になっても格付け点からは逃れられないし、その基準(複数あると思う)から漏れてしまう選手は大変だろうなぁとつくづく思います。

ところで、今回のNHK杯とは関係ない話。

自分は素人なので採点、特にPCSに関しては何も言える立場にないと思っていたのですが、あるとき採点ルールを作った側の人が現行のジャッジメントは明らかにおかしいと指摘していた記事を読んだ際、その内容があまりに自分が感じていたことそのまんまだったので驚いたことがありました。

やっぱり変だよね、今の運用のされ方… 以前有香さんがPCSの出方に関して「理解できない」と言っていた点にも、完全同意です。その辺の話も、いずれ機会があれば書こうかなと思います。

コメント

★ 違和感>_<

はじめまして。いつも楽しくブログを拝見しております。

わたしも、NHK杯…採点出た瞬間、違和感しか感じませんでした。
170点てそんな簡単に出るの?そんなに表現力が他の選手より際立って良かったでしょうか…そんなに加点が付くジャンプだったのでしょうか…

ふだん陰謀論者ではまっっったくないのですが、気持ち悪かったです。

「スランプに陥ってた大人気選手がようやく久々にクワドに成功して会場が盛り上がった」加点てあるのかな、と本気で思いました。

選手に対してどうこう思いませんが、一連の流れと様子に正直気持ち悪さを感じたのは事実です。

こんなことはNHK杯だけの異様な光景であったといいなと思います>_<。

★ Re: 違和感>_<

言葉に出すのは勇気の要る内容だったかと思うので、
わざわざコメントをありがとうございました。

勿論選手たちは一生懸命演技をしているだけなので、
彼らに対してどうこうはありません。皆さん戦友のように仲いいですし。

ただこれまで170点台を出した選手たちの演技を思い出すと
何とも言えない悔しさを覚えるのも確かです。
五輪シーズンだから点数がインフレ気味になっていくことは覚悟してますし
ご祝儀のような点数はこれまでも色々な場や選手に対して
あったとは思いますが、せめてノーミスかそれに近い神演技のときに
限定して欲しいと思ってしまいました。
「点数の数字」が非常に大きな意味を持つシーズンだからこそ尚更です。

ちなみに誤解のないように付け足しておきますと、
私が違和感をもった採点は1人だけではなかったです。
友人もそうですが、少なくとも数人分は違和感がありました。

>ふだん陰謀論者ではまっっったくないのですが、気持ち悪かったです。

同じように感じた人はそれなりにいるんじゃないでしょうか。
N杯も全日本も関係無い選手のファン同士で語った感想は
「やりすぎ」で一致してます。

気持ち悪いし、何より、ここまでやるんだと思うとすごく怖かったですね。
この後GPF、全日本と続くので、本当にこんな異様なことは
今回だけであって欲しいです。

最後になりましたが、
コラムっぽいことを書く知識も無いど素人の感想ブログを
楽しんでいただけているとのこと、大変有り難く思います。
また遊びにいらしていただけるととても嬉しいです^_^
コメント、どうもありがとうございましたm(_ _)m

ご返信ありがとうございます。

特定の選手に対する愛情はもちろん、選手全員に対する愛情にあふれた記事が多くて、しかも本当にたくさん生観戦されていますし、ほとんどの選手をチェックされていますので、本物のスケオタさんの方のブログだな…と思い、勉強する気持ちでひそかにブログを拝見しておりました。

でも、この間のNHK杯をテレビ観戦していて、点数にえぇ~?!?!なんで?!とびっくりしましたが、見た感じ会場は歓喜に沸きあがっているし、違和感を覚えたのはわたしだけなのかな…と思っていた矢先に、あかね様のブログ記事を拝見したので、同じく感じていらっしゃった方がいた!!と思い、思わずコメントさせていただきました。そして他にも同様に感じた方がいらっしゃったんですね。

NHK杯では他にも疑問なインフレ点数があったと思いますが、わたしにとって170点台というのは、最先端のジャンプ構成がほぼ成功した場合や、ジャンプ構成は普通だがSSに定評があってPCSのびる選手がほぼノーミスした場合に出るスペシャルな点数という認識があって、こんな風に出されると単純に悔しかったので、特定の選手の点数への言及になってしまいました。なんか170点台をみて喜んでいた自分が情けなくなってしまいまして…。

まぁ、次のTEBがそろそろ始まるので、NHK杯のことは気にしないようにして、楽しみたいと思います。

これからも素敵なブログを楽しみにしております^^

★ Re: タイトルなし

>しの様

温かいお言葉たくさんありがとうございます!

自分では、まだまだ語る対象にも内容にも偏りがあるし、他人が読んだときに情報価値があるような感想なんてほとんど書けていないと自覚してるので、そのようなご感想をいただいて大変恐縮しております;;

フィギュアスケートをきちんと観るようになってからまだ日が浅いので、私自身年季の入ったスケオタさんたちから本当に色々なことを学ばせてもらっている立場です。今季はGPSが始まってもまだ全然全カテゴリ追い切れていなくて、実は情けなく思っています;;

まだそんなニワカの素人ですので、勉強なんておっしゃらずに気楽に読み流して下さい!

170点台に関する認識は私も同じようなものでした。私などより年季の入ったスケオタ仲間も同様です。

今後どの選手に対しても今まで170点台だったような演技には180点台をあげて、帳尻合わせたらと思ってしまいました^^;

見た目ノーミス重視の五輪は採点が甘く高得点も出やすいと聞いているので(高得点は大きな大会ほど出やすいそうです)、ソチでクワド決めたトップ選手たちには一体どんな点数が出るのでしょうか。楽しみなような怖いような(苦笑)

TEBは新たなファイナル行き確定者も出ますし、少しでも自爆の少ない良演技が沢山観れるといいですね。

それでは、是非また遊びにいらして下さいませ。

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。