Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ

◆中国杯で、すっかりハオジャンファンになってしまいました(^o^) NHK杯でも続けて観れて嬉しい。2位オメ。

ペンちゃんのソロジャンプが決まるようになるといいですね。あとスロージャンプがすごい飛距離だから、決まったら爽快だろうなぁ♪と思います。

ファイナル来れるといいなぁ。


◆スケカナペアの放送、タイミング逸して観損ねた…orz 時間的に観れそうだからと録画予約しなかった自分のバカバカー(泣)


◆ファイナルのメンツにアーロンがいたら良かったのに。。。と自分が思ってることに最近気づきました。

自覚してなかったけど、私ってば思った以上にアーロンお気に入りらしい(笑)

豪快でスピード違反な4Sはお気に入りだし、なんか自爆しても観てて楽しいんですよね、彼。フィニッシュの表情なんかも好き。

何というか、彼の出番は自分的に癒やしタイムみたいなところがあって。。。貴重な人材ですv


◆女子のファイナルは、アシュリーとポゴリラヤが大崩れしない限りは、ソトニコワとコストナーさんと明子ちゃんとラジオノワが2枠を争う感じでしょうか。(リプはほぼ確定だと思ってる)

ラジオノワに来て欲しいな~ ゾンビっ娘がまた観たい♪

GGが今季もファイナル逃したのは悲しい。ジジュンも今季は台乗り出来そうと思ってたのに、中国杯ではもう見るからに体の調子が最悪っぽくて気の毒でした&悲しかった(熱があるか食あたりでもしてるかのような動きに見えました)


◆個人的に、今最も生で観る価値ありまくりだと思ってるのは何と言ってもハンヤン(のスケーティング)。

国別でも惚れ惚れしましたが、中国杯で改めて惚れ直しました!

EXは彼のスケーティングの魅力を堪能出来る良いプロだったと思います。も~~~う、ジャンプ跳ばなくてもいいからずっと滑ってて!と言いたくなるくらい垂涎ものでした(>▽<)

彼のSPノーミス90点の華々しいGPSデビューを生で観れて嬉しかったです▽

選手のタイプは違うけど、このときのハンヤンの演技には昨年のスケアメで観た羽生くんのSPの演技と同じようなものを感じました。才能ありまくりの若手がハマりプロをあてがわれてそのポテンシャルを鮮烈に見せつけた瞬間…みたいな。

コフトゥンの史上2人目SP2クワド成功もあったし、中国杯は新しい力の台頭が拝めてその点ではとても楽しめました。

まぁ全体的にはここも自爆大会で、特にあまりにもハンヤンと明暗が分かれたナンソンは辛かったですけども…orz


◆中国杯観戦中は、ホテルがすぐ近くだったので休憩の度にトイレのために戻っていました(中国の普通の場所のトイレはワイルドだと聞いていたので、最後まで首都体育館のトイレは使いませんでした;;)

女子FSの前にも戻ったのですが、その際歩道橋でロシアのジャージを着た金髪少女とすれ違いました。

ポゴリラヤだとは思ったものの、当時まだゴスビアニがどんな容姿だったかハッキリ覚えてなかったもので、万が一間違えたら失礼だと思い心の中だけで「Good Luck!」と呟きました。

結局私が外で出くわした選手は全日通して彼女だけだったのですが、まさかその彼女が優勝とは!

このときは、ちょろっとだけ幸運のお裾分けをもらった気分になりました^。^


◆中国杯で撮影した「カメラ構えてる最中のハンヤン」と「出番を待つコフトゥンの美麗な横顔(と手つき)」は、超お気に入り^^

他にもナタリー&チョックさんの美女ツーショットとか、iPadいじる信夫先生&小塚くんとか、色々。

殆どは表彰式のときの撮影です。皆さん選手入退場口付近で長いことウロウロしていたもので。特にハンヤンは座席エリアの目の前にずっといたので、かなり撮りまくり状態でした。

ナタリーやチョクベイは、客席に向かってカメラポーズとってくれたんですよ~v


◆ネーベルホルン杯で観たドイツペアの方々がまた観たいです。NRW杯はGPFの期間中だけど、日本時間の夜中だから観れるといいなぁ。

あと同じくNRW杯に出場するスウェーデン女子のオルソンさんのFSも観たくてたまらないのですが、女子FSの時間はPCの前にいないんだよぅ(泣)


◆録画したけど未見のNHK杯アイスダンスFD。

評判が良いので早く観なきゃと思ってます。特に、やたら好評のパイポーのプロが観たい!


◆カナダのスケ連がエリボン杯に向かう選手たちの写真をアップしていました。

たった3週間ぶりなのに、何だかPさんの存在がすごく懐かしく思えます…

スケカナのSP観た後は「クワド無しの3T-3T構成で88点取る人にどうやって勝つんだよ~ ここまで圧倒的だと、(群雄割拠好きの自分としては)萎えるわ(-。-;)」とか思っていたのですが、今はいてくれて良かったとしか…

N杯の気持ち悪さを浄化したいので、誰が勝つにしてもエリボン杯ではGPS前半の3戦同様、まともな採点による納得の優勝劇が観たいです。

にしても、Pさんの「クワドいけにえにすると美麗3A」という妙なクセはいつまで続くんだろう^^;

羽生くんに関してはスケオタの友人(海外選手ファン)が「本人もスタッフも迷走してるみたい」と懸念していたのですが、私も似たような心配をしています。スケカナは明らかに変だったし… 初めての五輪シーズンで昨季とは全然違うプレッシャーがあるのでしょうが、エリボン杯では修正して来れてるといいなぁ。

勿論、ハンヤンにも是非暴れて欲しいです♪

ちなみにものすごく無理そうなのが悲しいけど、ミハル優勝でも私は大歓迎だよ!


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。