Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

DO YOUR BEST

◆高橋くん、このタイミングでケガですか…

多分全日本だったら何とか出ちゃうのでしょうが、さすがに全日本直前のGPFで無理するワケにはいきませんよね。こういう時期に調整の予定が根底から狂ってしまうのは本当に大変だと思いますが。。。お大事に。

織田くんも補欠だから最低限の準備はしてたでしょうが、調整という意味ではやっぱり気になってしまいます。彼の出場機会が増えたこと自体は嬉しいのですが。

どの選手も、試合の予定は狂わないのが一番ですよね(T_T)

でも置かれた状況下で精一杯戦わなければならないのはみんな同じだと思うので、どの立場にいる人もそれぞれの目標に向けて極力身体大事に頑張って欲しいです。

そういえばGPS中に、ファリスやマイナーやベゼキエやオズモンドもケガでOUTしてましたね(一番泣いたのはコルピのケガのタイミングだけど)…皆さんお大事に。


◆五輪シーズンでなければ、すぐ後に五輪代表選考会の全日本が控えてさえいなければ、GPFで羽生くん織田くん町田くんの直接対決なんて、もう私得すぎて最高に心躍る楽しみなのですが。

いい演技いい勝負が観たい!と思うと同時に、ここで消耗しないで全日本にとっといて~~!…という気持ちもものすごくあり。。。複雑すぎますorz


◆町田くんのインタビューが面白くて毎回楽しみです。

彼のような思考回路の人は普通にいると思うけど、トップアスリートでしかもここまで語る人となると正直フィクション以外ではお目にかかったことがなかったので、とても興味深いな〜と。

以前から思ってましたが、町田くんの言ってることは私の感覚にはすごく馴染みやすいんですよね(単語に馴染みがあるかどうかは別として(笑))。学生時代は記号論や抽象概念的な話も好きだったので抵抗が無いというのもありますが、何より彼の「作品」というものに対する定義とこだわり方にすごく共感を覚えます。

もし私に何かの才能があって世界中の人に披露出来るような「作品」を作るとしたら、多分同じようなことにこだわるんじゃないかと、しばらく前(昨季が始まる前かな?)のフィギュア誌のインタビュー記事を読んだときに思いました。

まだ安定した4回転が跳べなかった頃、「とにかく4回転」という風潮に抵抗を感じつつも「『フィギュアは4回転だけじゃない』ってことをアピールしたければ、まず4回転が跳べなければならない」ともどかしい思いを抱えていたところなんか、特に。

口に出すかどうかはともかく、「もとになった作品の原作者の国でこのプロを披露出来て嬉しい」とかもすごくわかる(笑)

自分がものすごくこだわったことについては、アピールしたいんだな~と。

来季以降は表現することに専念したいと言ってるみたいですが、町田くんがこだわりまくったものは実を結んでいると思うので、是非信念の赴くままに進んで追究の成果をこれからも見せていただきたいですね。

難しい単語が飛び出す会話とは別に、不調を克服するためにあれこれもがいた様子を語る言葉も人間味があって好きです。

普通の人間でも自分に置き換えて考えられるようなイメージで語られていたので、彼が自分の弱さを克服していく過程に励まされた人もいるんじゃないかなと。私なんかはモロにそうでした^^;

今年は結構しんどい選択の連続で気持ち的に追い詰められることが多いので(勿論選手たちのプレッシャーなんかと比べたらレベルが違いますが…)、逃げられないし自分の力だけではどうにもならないものと向き合うとき他の人がどうしたのか、みたいなことを具体的に教えてもらうのって、すごく有り難かったのですよね。

自分は誰かから勇気をもらったり誰かに勇気を与えたりといったこととは無縁の人生を送ってきたのですが、それは自分の能力で手に負えるかどうかわからない難しいものに挑戦するってことが殆ど無かったからなんだな~と改めて思いました。

4分~4分半という短くてそしてとてつもなく長い時間を、たった1人氷の上で戦う選手たちの勇気に幸いあれ(-人-)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード