Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

I Love It

報ステのロシア煽り映像の中で、プルさんが4-3-2を跳んでる映像がありました。

それを観てものすごくものすごく思ったのは、

ソチ五輪で4-3-2を跳ぶ選手がいるとしたら、ケヴィンだろう

ということでした。

勿論、ケヴィンだって跳べるか(または跳ぶか)どうかなんてわかりません。でも構成に入れる可能性があるとしたら、やっぱり彼じゃないかと思うのです。

フィギュアスケートのシングル競技は、体操でいうなら「個人総合」です。組み合わせ加点が無いなどの現行の採点ルールやGOEがたっぷり稼げるジャンパーたちもいることを考えれば、4-3-2が必要とされなくても普通でしょう。

でもスポーツの祭典だからこそ、体操なら「種目別決勝」でしか観れないような高難度コンボを観たい!と思ってしまうのですよね。

ルールが変わらなければ、SP2クワドも観ることは出来ませんでした。3-3-3や4-3-2やセカンド3Lo或いはサード3Loを跳べる選手がいるのに得点的な旨みが無い(或いはデメリットしかない)から誰も構成に入れられないというのは、勿体ないなぁと思ってしまいますね。

羽生くんの変態シークエンスなんかもそうですが、確かにこれらの大技は試合プロで決めるのは非常に難しいと思います。でも組み合わせ加点のようなものがあってかなりの高得点が狙えるなら、挑戦する選手は出て来るのではないでしょうか。SP2クワドだって3年経って2人が実現させてるし、観る方も盛り上がりますし。。。

フィギュアスケートの進化のために必要だと思うから、他の種類のクワドにも挑戦し続けると言ってくれるケヴィンに心からエールを贈りたいです。

ケヴィンみたいなジャンパーさんたちのチャレンジには、点数や順位だけでは測れないロマンがあるんだよ!

とりあえず。

ケヴィンが五輪で自分の望む通りの構成で滑れますように(-人-)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード