Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

五輪代表の選考結果に異論はないけど、連盟の挙げた選考理由がもうツッコミどころ満載&ダブルスタンダード過ぎて、何で余計なこと言うのかなと。。。 普通に「元から選考条件にあったWSとSBで選びました」でいいじゃん、そっちはちゃんと満たしてるんだし。あれじゃ、選手ごとに基準変えてるのが丸わかりじゃないですか。

もともと選考条件にWSベスト3を挙げてる時点で、最初から2枠は埋まってたも同然ですよね。昨季の四大陸とワールドの派遣メンツが同じだった時点で、他選手が今季前半だけで上位2人を抜く可能性はほとんど無かっただろうし。

特強4人の1枠争いで町田くんが完全勝利した、ということだと思います。

でもワールドの選出には納得いかなさすぎでした。昨季の四大陸もそうだったけど、日本開催でさえなければ少しは違ったのかな、と思わずにいられません。昨季の四大陸の派遣にはかなり失望したし、今季のワールドも同じです。

今季はTVでの印象操作も洗脳レベルで怖かったです。昨季はトップ2の両輪であおりまくっていたのに、今季突然1人しかエースがいないかのような扱いになり、エリボン以前は少なくとも特強4人に関しては横一線に近かった実態との乖離がありすぎて;;

明確な作意しか感じようのない変な採点も多かったし… たとえどんなに好きな選手でも気味の悪いものは悪いです。

今月初め、町田くんは「もし五輪代表に選ばれたら目標は?」というインタビューの問いに「この日本の層の厚さはかつてないことで、誰が出てもおかしくない。そのなかで出場権をいただけるわけなので、出られなかった選手に失礼がないようにしなければいけない」「選ばれた選手はメダルを狙いにいかなければいけないし、それが使命であり、義務だと思います。そうすることで他の選手に対して敬意を示すことができる」と答えていました。

繰り返しますが、五輪代表メンツに異論はありません。
でも、鬼気迫る勢いと実力で代表の座をもぎとり尚気を引き締めている初出場2人と、5位からの救済で喜んでる「エース」との温度差は何とも言えないものがありました…

「追い込んで追い込んで」とか言ってたのも心配です。ロンドンワールドのサブリンクのFS最終滑走グループの公式練習のとき、「(1日にクワド50本も跳ぶほど追い込みすぎて)もう完全に足に来てる」とファンの方が溜息をついていた光景が印象に残っているので、同じような展開にならないような調整をして欲しいです。

代表に選ばれた選手たちが選ばれなかった選手たちに恥じない戦いをしてくれることを、心から願ってやみません。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード