Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

暮れのいろいろ

◆年越しに観るプロと年の初めに観るプロは何にしよう。

年越しは今年一番の出来事という意味では、やはり四大陸のマテューでしょうか。ああでも、カナダナショナルの演技も捨て難い!(ミスありでも後半4-3と3F-3Loがあるところはこっちの方が好き(><))

年明けはナショナルかワールドの「Chambermaid Swing」か、もしくはまた再びこんな素晴らしい五輪プロに巡り会えますようにとの願いを込めてランビの「ウィリアム・テル序曲」とか(でも今だと織田くん思い出しちゃいそう(; ;))

それとも「ケヴィンがソチで4-3-2を決めますように祈願」で、国別FSにしようか(笑)

あと午年だから、2011年スケアメのリッキーのカウボーイプロもいいかもv 大好きなんですよねぇ、アレ。


◆知子ちゃんの「アスリートの魂」、本放送を録画し損ねていたので昨日の再放送を観たのですが。

織田くんとクーリックとアシュリーが出て来たーーー‼︎! なんて私得vvv

内容も3-3攻略に絞ってて面白かった。全日本、今回はセカンド回り切れたかなぁ?と思ってたんですけど、まだURだったのか…残念でしたが、これからも頑張って。


◆お正月に、過去の冬季五輪の名場面集を放映してくれるのは嬉しいのですが。。。

トリノとバンクーバーで女子シングルやるなら、男子もやってよぉぉ~~~~~ トリノはともかく、バンクーバーの方は男子だってメダル取ってるんだし、是非是非男子4位の方の演技もSPから…(笑)


◆ベテランの実績加点も若手の期待加点も、個人的には要りません。中堅にだっていい選手は沢山要る。ご褒美点をあげるなら、良演技・神演技そのものにして欲しい。

正当なご褒美がもらえれば、どんな選手だって発奮するでしょう〜


◆男子が構成に2Aを入れないで済むように…の話の続き。

偏ったジャンプ構成にならないようにという目的でザヤックルールがあるのなら、「クワドは1種2回までザヤ対象外にする」というのはどうだろう?

これなら3クワドにするためには今と同様2種必要だし、2本以上入れられるクワド持ちは平等にトリプルの構成を上げる選択肢を得られる。「セカンドジャンプをザヤ対象外にする」みたいなのと比べると、基本的には「難度を上げる」という方向の選択肢しか増えない分、ザヤックの趣旨から外れなくていいと思ったのですが。

まぁ4T2回と(コンボセカンドを)3T2回なんて構成にしてて抜けたら、目も当てられないことになりますけども(苦笑)

クワドが抜けない選手には、さぞいいだろうな~と(ケヴィンのマテューの構成は、後半4T抜けない自信がないと組めない=3Tザヤ回避の保険無しという男前度がすっごい好き)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード