Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本男子話少し

◆日本男子のエキシ、3人共私のお気に入りプロを選択してくれたようなので嬉しい(・∀・)

。。。ところで、団体メダリストのエキシはどうなってるんでしょうか。。。団体の、銀メダリストは。。。


◆日本男子に関する予想と結果を振り返ってみる。

羽生くん:金は想定内。ただ、FSのあの内容での金は想定外^^; もうそこら辺は、彼は運まで強いんだなと(わかってたけど改めて)驚き呆れるほかありません(笑)

町田くん:ミスあり入賞は想定内。予想より良くも悪くもなかったという印象です。でももう1つミスを少なく出来たんじゃないかな〜〜とは思えてしまうので、そこはやっぱり惜しかったな~~と。

高橋くん:町田くん同様、ミスあり入賞は想定通りで、予想より良くも悪くもなかったです。総合順位も日本選手内の順位も、今の実力通りだと思いました。でも表現やステップはさすがでした。


◆羽生くんのFS前は「多分緊張で少し崩れるんじゃないかな、GPFみたいな演技は難しいだろうなぁ」と思ってました。

何度も書いてますが、羽生くんは「初体験の洗礼」はかなりキッチリ受ける人なんですよね。五輪初滑りのSPではプロに対する抜群の安定感と自信が緊張を上回れたのだと思うのですが、FSは難しかったと思います。

「五輪の金メダルを指先に引っ掛けた状態でのFS滑走」だけは、さすがの羽生くんでも事前にメントレの準備のしようがなかったと思うので。。。

実際は私が想像した以上に崩れたという印象でしたが(後半も3A-2Tはバランス崩してタノ出来なかったし、3連は3Sノーカンのシークエンス扱いになってしまったし;;)、でもまさかPさんがあそこまで崩れるとは。

こうなるとやっぱり、羽生くんの「とにかく勝つための戦略」は、すごく功を奏したんだなと思います。後半に3Aと3Lzを2本ずつ入れて全てちゃんと入れられる(うち1つはシークエンス扱いになったけど単体ジャンプとしては全て成功してる)というのは、誰も真似出来ないだけにとてつもなく大きい。転倒ありでもクワドは2本とも回り切ってるし。

彼の勝因の1つは、これだけの最強構成を「地に足が着いたレベル」で組めたことだろうと思います。(「絵に描いた餅レベル」の人たちもいるので↓)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。