Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々にピアノの話

◆五輪遠征直前に雪かきで右手首を痛め、その後重い荷物を持ち歩いたせいか、ソチのホテルに着いた時にはものすごい激痛になってました。

夜中だったし冷湿布も持ってなかったので、どうにも出来ず。。。結局痛いままで過ごしましたが、連日荷物は重いし、メール書く用事も多かったし、更に現地リアルタイムレポにこだわってブログも更新しまくってたので、ソチ滞在中に右手壊れるんじゃないかと本気で心配でした^^;

手首をかばうので、腕と肩への負担もすごいことになってたし…;;

帰国後あまり酷使しないようにとピアノの練習は休んでいたのですが、さすがにサボり過ぎだと思い、まったりながらも再開した矢先のこと。

五輪期間中に聴き過ぎたせいで『今、咲き誇る花たちよ』が頭から離れなかったため、つい欲しくなって『風が吹いている』『栄光の架け橋』とセットになってる楽譜を買ったんですよね(ほんとは、ミスチルの『GIFT』が入ってたら一番良かったのですが)

で、ちょろっとサビの部分だけでも…と軽い気持ちで始めたところ

狂ったように弾きまくってしまい、徹夜。

右腕がボロボロに(汗)。。。あああ、何のために休養してきたのかorz


◆私には、絶対音感はありません(どキッパリ)

ただ音程差の方は多少わかるので、相対音感なら少しはあるかなと思います。

でも訓練すれば少しは絶対音感らしきものが身につくかな~と思い、この年になって今更なのですが、ピアノの先生にお願いして聴音のレッスンをしていただくことにしました。

丁度年明けからスケート遠征が続いて十分な練習が出来なかったので、しばらく演奏レッスンはお休みして代わりに別のことをしていただこうと考えてのことだったのですが、ソチから帰った後は手首を痛めてもいたので、結果的には丁度良かったです^^;

子供の頃、ソルフェージュのレッスンは受けたのですが、基礎を全然やってなかったので放り込まれたクラスの内容に全然ついていけず、程なくやめてしまいました。あれ、初めの一歩からやってたら(もっと言うなら個人レッスンだったなら)もう少し違ってたと思うんですけどねー

子供の頃は親に言われるままに習い事をやってたので、他にもっと自分に適したやり方があったなんてことも全くわかららずにいて、色々惜しいことをしました。母も先生に勧められた通りのクラスに放り込んだらしいのですが、あれは失敗だったと言ってましたね。(そもそも先生の選択が間違ってたと思う。やる気も基礎もない生徒を放り込むようなクラスではなかった)

ただ同じ内容なら、大人になってからやった方が色々と意味や意義をわかった上で練習に取り組めるので、効率がいいということはあるんじゃないかと思います。

まだしばらく演奏レッスンはリハビリ状態なので(苦笑)、その間は聴音のレッスンを続ける予定。

ちなみに今回はほんとにほんとの初めの一歩からなので、ハ長調の単旋律(単音のシンプルで短いメロディ)の簡単なものからやってます。

何回かやってみてわかったのは、自分は上行するときより下行するときの方が音程差をとりづらい、ということでした。たとえば同じ4度の音程差でも、上行だとわかるけど、下行だとよく間違えてます^^;

あと自分でも「何で?」と思ったのは、たまに1度の上行と下行を間違えること(爆) さすがに、上がってるのと下がってるのを間違えたのはショックでした……しかも1回じゃなかったもので(苦笑)

単旋律以外に簡単な2声の聴音もやってみたのですが、そちらになるとより露骨に上記の傾向が見られました。単音だと聴き取れる音程差が2声になった途端、特に低い方のパートでダメダメになりますね。

学生時代、毎年あった全員参加の合唱で(中学も高校も、音楽学校でも何でもないのに音楽関係のノルマがやたら濃かったのです)メゾソプラノパートを担当したとき、しょっちゅうソプラノにつられて音程外れてると周囲に指摘されてたトラウマがよみがえりましたよ…orz

結論:習い始めてから何曲も弾いてきたけど、音感は全然育ってなかった


◆でも毎年合唱をやらされた&声楽の授業が厳しかった&短期間だったけど演劇部で発声練習をやったお陰で、腹式呼吸で声を出す訓練は出来ました。

なのでカラオケで演歌系や自分の音域に近い曲を歌うときは、それなりに大きな声が出せます。スケートの試合会場で響く声となると、もう全然ダメですけども(苦笑)

最近では、気に入った歌は「歌うより弾きたい」と思うことが多いです。歌うと正しい音程で歌えなかったりするけど、ピアノで弾く分には正しい位置さえ叩けば音外すことはないですし^^;

あと私は同時に沢山の音を出したい人なので、その意味でも歌うよりピアノ!なんですよね。エレクトーンほどではないけど、1人プチオーケストラが出来る楽器ですからv (もっとも、オーケストラ状態にするほどの腕は私にはありませんが…)


◆『パリの散歩道』(羽生くんのSP編曲ヴァージョン)のピアノアレンジはカウンター3Aのところまで仕上げてそれっきり放置状態なのですが、出来れば完成させたいなぁ。

でも後半全然別の曲だから、ベースにする楽譜がないんですよねー 耳コピの場合、符割り(小節の中に音符を振り分けること)という音取り以上の難関があるので、参考楽譜なしでやるのは私にはちょっとハードル高すぎです↓


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。