Tulip Hour

管理人:あかねが、徒然なるままに色々なことを書き綴ってます。今はフィギュアスケート、次いでクラフト関係の話題が多いです

全日本終了ー

昨日は疲れすぎてて帰宅後録画の予約チェックも出来ずに寝てしまったら、とんでもないミスをしてたのに起きてから気づく。

疲れに加えて色々とテンション下がってたところに追い打ちくらった感じで、かなーり凹みました。。。

目下、お祝い気分より心配事や凹み気分の方が上回ってます(T_T)

4年前もそうだったけど、代表発表ってなかなか自分にとって楽しい気持ちを伴うものになってくれないのが残念。一番応援してる選手は対抗馬不在で無難に代表決めるも、不調(4年前はケヴィンね)。他のイチ押しの人たちは落選で。

たとえ五輪に行って欲しかった人が代表選出されても、それと同時に同じく五輪に行って欲しかった人が落選すると、どうしてもお祝い気分よりも後者に関する落胆の方が上回ってしまうものだなーと、今回改めて痛感しました(´・ω・`)

今回の選考結果は妥当だと思ってますが、大一番でミスをする勝負弱さが悲しいってことで。(勝負弱さに関しては昌磨くんに関しても心配してることではあるのですが…うーむ)

友野くんが四大陸に行けないのも地味にショックでした。無良くんは五輪の補欠だから、勝負勘キープしなきゃならないことを考えても妥当だと思うし、代表が2人も行くとなると難しかったね;; 昌磨くんも前半戦があの出来だと、四大陸出ないハズないだろうなというのはよくわかるし。。。

昌磨くんは4Fが決まらなくなったことからしても、とにかく疲れてるんだろうなという印象。その分気迫を感じられたのは良かったけど、MOI終わったらしっかり休んで欲しいなと思いました。内容が伴わないことでメンタル的に迷走してる感もあるので、小塚くんの「体と気持ちをリセットして欲しい」に同意。

もともとGPFに出た日本男子が全日本でお疲れなのは通常運転なので、そこら辺は想定内なんですけどね。

昨季もその前も全日本の頃はこんな感じだったし、この後のシカゴ合宿でリフレッシュ出来るよう願ってます。昨季はそこから良い流れになったし。

個人的に5クワドは間に合わない、キャパオーバーという見解は変わってないので(間に合わないからやるな、という意味ではないけどね)、今後見切りをつけるにしても時期としてはギリギリかなぁ。もう調整出来るのは四大陸しか無いし。

とりあえず私の望みは、結果出すことより何より、まず「心と体の両方を元気にして欲しい」です。

シーズン前半終わって、見てるだけの側も色々気持ちをリセットしたくなる今日この頃なのでした。


全日本女子終了

私の全日本の緊張Maxの瞬間は、新葉ちゃんのFS演技が終わった時点で終了。

2枠目にどちらが選ばれても「世界で戦えるか」という意味においては”私は”納得出来るので、もう私の関心は昌磨くんの調整に完全シフトしました^_^; 男子3枠目は、過去のPBなどではなく現時点での地力(と考えられるもの)を鑑みるなら、予定調和になりそうですし。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


今大会の女子で意外だったのは、SPでは新葉ちゃんと舞依ちゃんの2Aのミスくらいですね。それ以外は想定内でした。

順位予想がピタリだったとかいう意味ではなく、それぞれの選手の結果に関して意外とは思わなかった、という意味です。

理華ちゃんの「カルミナ」も花織ちゃんの「月光」もノーミスならこのくらいのポテンシャルはあると思ってたし、その一方で理華ちゃんはFSで台乗り出来る点出すのは厳しいだろうなというのと(多分ノーミス出来ないだろうから)、花織ちゃんはFSノーミスでもスケアメの点を大きく上回るのは難しいだろうし、この点差では知子ちゃんがまとめたら勝てないだろうというのも。

さっとんのFS見た目ノーミス(URあり)は完全に想定内。勿論、そう言えること自体がとてもすごいことなのですが。

確かにジャンプは世界どころか日本女子の中でも見劣りしますが、代わりに他が別格。スピン、ステップの加点もそうだけど、一番肝心なのは常に演技をまとめる力と、何よりもメンタル。

メンタルの強さはもう、SSSクラスだろと^^;

彼女は「優勝を狙う明確で強い意志をもって試合に臨めること、その上できっちり演技をまとめられるところ」が本当に素晴らしいと思います。演技を観ていて、「私は勝つ!」というのが伝わって来たよ。

ただ新葉ちゃんがSPでもFSでも抜けるとは思わなかった…後から練習中のケガで痛み止めを飲みながらの演技だったと聞いたので、その影響もあったのかなと思います。

でもやっぱり痛恨はSPのアクセル抜けノーカンですね。もうそれに尽きる。FSのサルコウはGPSとGPFで抜けてるから鬼門だと思ってたし、目立つミスがそれくらいなら台乗り出来てただろうと思います。

しかしSPでもFSでも抜けて200点超え出来る地力自体は間違いなく日本女子2番手だと思うだけに、大一番で必ず抜けちゃうのが本当ーーーに勿体無い… ケガの影響だったとしても、一番大事な試合でケガするのも運が無い厳しい(´;ω;`)

舞依ちゃんも、わかりやすいケガとかじゃないから表立った話題として出て来ないけど、病気の症状と戦い続けてるんだよなぁ… 理華ちゃんも長久保コーチとの辛いお別れがあったし、全日本に賭ける思いは強かったでしょう。

みんな、色々切ない(つД`)

今回は五輪代表=ワールド代表かな? バンクーバーの時みたいに3枠あるなら、全日本で勝った明子ちゃんが五輪で中野さんがワールドという割り振りも出来ただろうけど、2枠ですからね。

世界で戦って3枠もぎ取って来る という使命を背負う2人に求められるのは、結局2枠しかない五輪代表に求められることと条件的には同じように思います。(五輪代表をノーミスした時のポテンシャル最優先で選び、ワールドを確実性で選ぶ、というのでない限り)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


ちなみに女子FSの個人的な一等賞は、実は優奈ちゃんだったりする(笑)

スピードがあって、動きもジャンプも大きくて勢いがあって観ててすごく楽しかった^^(その後に滑った選手たちの動きが、相対的にちょっとおとなしく見えてしまって困ったくらい(苦笑))

まぁ私好みってことなんだろうなぁ♪ 彼女の『展覧会の絵』、仏杯の演技が好きだったから、今回生で観れて嬉しかったです(´∀`) 彼女の未来に期待~♪


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


ともあれ出場した女子選手の皆さん、五輪代表選考会の特別な全日本、本当にお疲れ様でした!

スケート人生の中でも、大きなターニングポイントになったことと思います。この貴重な体験が、それぞれの未来で実を結びますように。


GPF男子終了で少し

何というか、もう

どれが敗因かわからないくらい

ミスのデパート状態


まるで、まとめて一気に洗い出したかのよう( ;・∀・)

ここまでヴァリエーション豊かにミスが重なると、もう「あれさえ無ければ…」という気にすらならない(苦笑)

でもさ、1つだけものすごく不思議なんだけどさ。

コンボでセカンド3Tつける際にザヤが心配なら、

何故2Tにしとこうと思わない?

いや2Tどころか、1Tだってつければ勝ってたよ?^^;


…もう根本的に、演技中に計算し直してリカバリするのが苦手なんだろうなぁ…

そこら辺が、詰めが甘いというか、勝ちにこだわってリカバリにも執念を燃やす羽生くんやネイサンとの差かなぁと思います。

あと、私は五輪シーズンのGPFの優勝と五輪結果の連動性を知ってるので、今回の結果はかなり重視してたのですが。

昌磨くんにとっては、GPFまで含めて調整試合だったのかもしれない。実際、インフルエンザからの仏杯で調整スケジュールは狂っただろうし。あと自覚できてないだけで地元開催で羽生くんもいないGPF、というプレッシャーもあったのかもしれない。

昌磨くんの照準がチャンピオンシップや五輪、或いはどちらでもなくその先とかであれば、(神演技券の使いどころという観点から言っても)どうこうは言ってもしょうがないかなーと。いや、勝手な憶測ですけども。


まぁ結局のところ、「5クワド構成でミスなく滑るのは、あらゆる意味でとても難しい」ってことに帰結するのかなーと思ってます…


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


改めて思ったこと。

1スケオタとしては、4回転が何本決まるかが焦点になる演技よりも、4Tしかなくても魂の咆哮を見るかのように心揺さぶられた今回のヴォロのような演技が観たいです。心の底から。


GPS終了GPFへ

スケアメフリーの日以降ブログ記事書くヒマがなくて、どんどん話題の旬が過ぎていくので、取り急ぎざっと。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


◆あたしの花織ちゃんがやったわーーー!!!\(^o^)/

ノーミス2本揃えて、200点どころか一気に210点超え素晴らしいいい~~~!!! おめおめおめ!

表現面は課題が多いかもしれないけど、上半身大きく使ってるから身体技術的な意味での評価は得られると思うのですよね。とにかく豪快なジャンプとパワースケーティング、身体能力の高さで点もぎ取る感じが心地よい。

個人的にめちゃ推しの新葉ちゃんと花織ちゃんが、2人とも今季躍進してくれて嬉しいですううう( ;∀;)

今季の花織ちゃんは、昨季の昌磨くんを思い出します。プロ構成のレベルが前季比でスーパーハードに上がり、絶対的に足りないと思われた時間を試合数こなすことで補完したところが。

知子ちゃんは、SPについてはN杯から見違えたという印象はなかったんだけど、FSに関してはもう脱帽。体重増やしたせいか、色々と大きく見えて別人のような印象でした。ステップの振付も見応えあったし、髪型も個性的で良かった。すごい貫禄でした!

いや~~~やっぱり頼もしいよ日本女子!

そしてやっぱり、何で何で何で、2枠しかないのおおおおお…。・゚・(ノД`)・゚・。


◆スケアメ男子FSは悪夢のようだった。。。

氷も悪そうとか思ってたら、ヴォロのインタ記事読んでビックリ。氷上にハチやらハエやらが沢山いたらしい…よく女子が騒がなかったなぁ。

サモヒンは程なく練習が再開出来る状態のようで、ひと安心。先輩がとって来てくれた枠、大事に使ってね! 先輩と一緒にユーロ頑張ってね!

ネイサンは靴トラブルが多いなぁ。今回はエッジだったようだけど、五輪ではツールのトラブルみたいな不運に見舞われずに済みますように。


◆予想は出来たことだけど、GPFは怪我してるメドベとボーヤンがOUTで、知子ちゃんとブラウンがIN。

う~~ん、スケアメのUR見逃しが無かったら花織ちゃんがGPFだったかもしれないのか… にしても、知子ちゃんと新葉ちゃんが全日本直前のGPFでぶつかるのって、特に旨みが無いような。。。既に他選手よりもアドバンテージがある同士なのに、2人揃って間違いなく全日本前に疲弊するわけだし。特にケガ明けの知子ちゃんはこのスケジュールどうなんだろうとも思うし。

しかし日本女子ゼロの危機から一転、5年ぶりに複数出場とか。ほんと、直前まで色々わからないものですね(´・ω・`)

メドベはもう、これ以上無理して試合に出続けたら五輪も棒に振る(出場出来ても金が遠ざかる)という状況だったので、棄権してくれて良かったです。

ボーヤンも、両足捻挫で何より代名詞の4Lzすら跳べなくなってる状態では絶対に無理して欲しくなかったから、こちらも棄権してくれて良かった。

2人とも五輪にしっかりと合わせられるよう、今は療養&調整に専念して欲しいと思います。平昌でまたボーヤンのでっかい4Lzを拝ませて欲しい。どうかお大事に…(>人<)

仮にもう1人棄権が出るとハビなんだけど、聞くところによると彼も古傷の調子が悪いらしい(´・ω・`)

何か若い選手もベテランもここ2シーズンほど飛ばしてきて息切れしちゃってるというか、身体が悲鳴を上げてるような…

昨季のヘルシンキは盛り上がったけど、肝心の五輪シーズンにこんな風にしわ寄せがくるとは。ジャンプ構成の高難度化で身体への負荷が一気に上がったのは確かだけど、今季の現状は想定を上回ってる;;

だっていくらなんでも別格の強さを誇った6強のうち4人もが五輪シーズンのGPFに来れないなんて、さすがに夢にも思わなかったよ(つД`)

昨季のマルチクワド元年みたいな勢いが今季も吹き荒れると思ったら、そのふるいにかけられて結果的に1種クワドジャンパーやクワドレスの選手がGPFに辿り着くことになるなんて、誰が想像出来たでしょうか。。。

五輪シーズンのGPFに前季別格の強さを誇った実力者たちが4人も来れないとか、今までにあったんだろうか?

もっとも、4人の代わりにINした選手たちも今季いきなり頭角を現したワケでは全くなく実績のある人ばかりなので、男子の場合そこら辺はやっぱりシビアだなと思う。シニア男子の世界では、シンデレラボーイのような存在は現れづらいよね。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


今日で用事が色々一段落したので、明日からGPFの準備に邁進するぞー!

具体的には荷造りと、そして何よりレコーダーの容量空け作業です…これがなかなかしんどい…( ;∀;)

五輪もあるし、もうHDDに残してあってほぼ見返してないのは一気に消すしかないかなぁ… 先日ソチの女子を全消しして結構容量空けたんですが、まだまだ全然足りない~~

全米男子も容量めちゃ食ってるから諦めて消そうかなぁ;; 全米男子は私にとっては常にお宝ナショナルなんだけど、SPFS合わせるとディスク1枚におさまらないせいで、つい焼かずに放置してしまうのもツライ。ちなみにソチシーズンの全米男子FSは、結局時間がなくて未だに観ていない。。。アボの神SPで超満足して、そこで終わってしまってる(汗)


スケアメ女子SP終了

うおーーーーー花織ちゃん「月光」素晴らしかったあああ

彼女の滑りとジャンプは日本女子の中でダントツ好きだわーもう最高だわー

「月光」プロもめっちゃ好き。花織ちゃんの高い身体能力をあますことなく発揮しててとてもヨイ。

スタミナが課題だったのに今季いきなり後半ジャンプ増やしてしかもSPは全部後半とかどーなることかと思ったけど、試合数こなしてモノにしていってることに感動。

最後のスピンミスだけが惜しい…あれがなければ文句ナシに70点超えだったよね。正直、FSの方はPCSがそれほど期待出来なさそうなので(ああいうマイムはテクニックが無いとアピールポイントとして見せるのは厳しい)、SPで何とか70点超えしておいて欲しいというのは思ってしまいます;;

さっとんは70点出てビックリしたー! 北米の試合だから、あのコンボ刺されると思ってたのにー(正直、大会によってはURとられそうな着氷に見えた)

スケアメとスケカナのジャッジ足して2で割ってよまったくもう。

まだSPだし僅差だからFSでどうなるか全く読めないし多分順位は入れ替わるだろうと思うけど、とりあえず今は夢見させてもらうよ日本女子ワンツー素晴らしい素晴らしいいい( ;∀;)

今大会SPのPCSは大体序列とイメージ通りでした。花織ちゃんは、技術力は申し分ないから、あとはPCSを8点台に乗せたいところ。課題克服の姿勢は支持するし、そこら辺も上手くなったらさぞかし魅力的なプロが観れることだろう…と期待して、長い目で応援したいと思います。

ちなみにこの試合では日本女子2人とも、ロシア勢より上だー! 最近ではすごく珍しい。

しかし日本女子の戦況はまるでジェットコースターのようだ… 観てる側の気持ちのアップダウンも激しい^^;

新葉ちゃんのファイナル行きの可否は最後の最後まで読めない気がしてたんだけど(だから仏杯のソツコワ2位の後も特に根拠なく期待感は残ってた)、その通りのやきもきする展開になってるなぁ(^_^;)

日本女子2人はまず何より自身のために頑張って良い演技と順位を目指して下さい。そして、それが結果として新葉ちゃんのファイナル進出のアシストにもなってくれたら最高です。

BSでスケアメ男子の放送中にGPFの告知バナーが表示されたんだけど、当然ながら現時点での写真は昌磨くん1人。どうかどうか、反対側に新葉ちゃんが入りますように…!(>人<;)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


昨日の時点で男子SPの感想を書いてたのですが、書き上げる前に力尽きました^^;

大体書き上がってるので、余裕があれば後ほどUPします。FSは用意してないので、こちらの感想も時間があれば;;

今日はこの後の全日本ジュニア女子も気になるー

最後に一言。

キスクラでファイナル確定した時に、荒ぶって吠えてたヴォロ素敵♪


もうすぐスケアメ

◆個人的に一番のニュースは、

ロマンくんのGPSデビュー!!!

やったあああああああ嬉しいいい( ;∀;)

シニアに上がったのにGPSに出られないなんて悲しすぎたので、とても嬉しいです… ジュニア最終年(というか2016年の全加辺りから?)はちょっと低迷してしまったので、どうか、どうか、良い演技を…っ(>人<)


◆今季のGPSの各試合は、選手個人間のメダル争いと国内枠争いの重層構造になっていたりするのも見所です。

今大会の男子では、ケヴィンvsフィルスのカナダ2枠目争い(出来ればロマンくんも加わって欲しいところなのですが、フィン杯10位だったしな…)、コフトゥンvsヴォロノフのロシア2枠目争いになるでしょうか。

今のところネイサンとリッポンはシビアに言えば競合相手じゃないと思うので、除外。ボーヤンとハンヤンも代表選考では競合しないので除外。

優勝争いはネイサンにかなりのアドバンテージがあると思いますが、全体的に順位が読みづらいラインナップなので面白い戦いになりそうです。

無良くんは、何としてもSBを大幅更新して刑事くんの点数を超えるか迫るかしたいところですね。


◆女子は、ファイナル進出者の行方が非常に気になるところですが…

ツルスカヤは特にコンディションを崩していなければ、優勝か2位でも210点前後の可能性がかなり高いと思っています。アシュリーも、良演技なら地元で実績のある選手なのでそれなりの点は出そう。

ただ今季SBで米勢ダントツトップなのは、ロンバルディア杯で196点出したテネルなんですよね。「2試合続けて良演技が出来ない」傾向が強い米女子ですが(ついでに近年は2シーズン続けてトップもなかなか無い)、テネルの今季3戦目はどうなるでしょうか。初戦フィラデルフィア→ロンバルで点数を上げてきてるので、今季全米の台風の目になるかどうか、調子が気になるところです。(ちなみに米SB2番手は今のところ未来ちゃん)

本命不在の米女子ですが、テネル、カレン、アシュリーが揃う今大会はプレ全米になりそうですね。特にアシュリーはソチの時にGPS~GPFの実績を考慮されて全米4位でも五輪代表に選出されたという経緯を経験してますから、出来ればファイナル、そうでなくても米女子1位にはなりたいところでしょう。

日本女子はまず、知子ちゃんの復調具合が全く読めないので、色々な意味で固唾を呑んで見守ることになりそうです。

そして個人的に目一杯推したい花織ちゃんは、SB200点超え目指してひたすら頑張ってー!


◆アイスダンス

ホワベイ頑張れ超頑張れ( ;∀;)

米トップ3に食い込んでの五輪代表争いは正直無い思うけど、4位ポジだけはキープしてくれええええ(><) いや、パーソンズには何の恨みもないんだけども;;

実力的には、優勝シブズ、2位カペラノで、シニカツとパイポーの台乗り争いというところでしょうか。

かなクリは今はじっくり調整出来る時期なので、SB更新する演技が出来たらいいですね。


◆ペア

台乗りはよほど大きなミスがない限りはデュハラド、サフマソ、ユージャンで決まりでしょうが、続く順位はモーマリ、ザビエン、シメクニの争いかな?

デニフレとシメクニの米1枠争いもありますね。米の五輪代表ペアはまずは団体戦に全力だろうなぁ… 2枠取れる順位を獲得してたのに、数字上の都合で1枠になったのは本当に気の毒でなりません。


◆しかし、初日に2種目しかなくEXの日に2種目あるスケジュールってスケアメだけですよね。調べたら、他国同様初日に全カテショート、2日目に全カテフリー、という年もあったので、変則的ってことでしょうか。

スケアメの初日2種目は、日本で観る者にとっては土曜の朝~午前になるので有難いですけども(笑) 午前3時台から始まる3日目のアイスダンスFDが一番キツそう;;


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

あかね

Author:あかね
管理者ページ

最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード